最近の記事
2019年06月15日

【東野圭吾】マスカレードイブ小説マスカレードホテルと関係は?

higasino_keigo_Masqurade_Eve.jpg

東野圭吾さんの小説「マスカレード・イブ」
図書館で借りてきました。

そういえば
映画化された
「マスカレードホテル」
木村拓哉さん、長澤まさみさん主演で話題に

もしかして?シリーズものかな?



higasino_keigo_Masqurade_Eve_.jpg

映画より
小説の方がかなり良かった感じ
東野圭吾さん
「マスカレードホテル」

今回の
小説「マスカレード・イブ」

読むの楽しみです。


もしかして
前後の事かも??

「マスカレードホテル」

文庫本なので

どこでも
手軽に読み進められそうです。
マスカレード・イブ (集英社文庫)

んん??
アマゾンで検索した感じでは

なんと
さらに
マスカレード・ナイト
という小説もある??
2019年6月時点で

最新作となっているみたい

シリーズで
マスカレード・ナイト
映画の出演者である

木村拓哉さん、長澤まさみさん

を意識して

小説を読み進める事が出来そうな予感。


そうなんだ
この
東野圭吾さん
マスカレードシリーズって
・マスカレード・イブ
・マスカレード・ホテル
・マスカレード・ナイト

この順番となっているようです。
前後の関係が
タグ:東野圭吾
posted by 本book at 17:11 | 兵庫 ☔ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年06月09日

【最後のトリック】深水黎一郎ミステリー期待できそう読むの楽しみ

saigono_torikku_fukami_shosetsu.jpg

文庫本、小説を探しに行こうと紀伊国屋に
深水黎一郎さん「最後のトリック」
という本を買ってみました。

かなり面白そう、期待できそう。

帯には
26万人が驚愕のミステリー

やっぱりタイトルですよね。

「最後のトリック」インパクト
最後のトリック (河出文庫)
saigono_torikku_fukami_shosetsu_.jpg

本の「帯」って
読みたくなる

情報が沢山ですよね。


この本も
深水黎一郎さん「最後のトリック」
情報がたくさん

読者全員が犯人

ビブリオバトル優勝

とか


高校の名前も入っていますね。

まさか??

作者の人
深水黎一郎さん
って

学生??なんて

色々思いながら

紀伊国屋で
「最後のトリック」買ってみました。

読むの楽しみです。


最近読んだ小説で
おすすめしたの作品といえば

知念 実希人
さんの本
レゾンデートル (実業之日本社文庫)
ミステリー好きには
posted by 本book at 01:59 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年06月02日

【望み】雫井脩介小説を読んだ感想レビューをリアルな現実が

mozomi_shizukui_shosetsu.jpg




「望み」雫井脩介さんの本読み終わりました。
感想レビューしてみたいと思います。

まさに今の時代
ネット全盛、スマホでパソコンで
誰しも、ネット上で意見
書き込みができるって状況が

この
「望み」雫井脩介さんの本でも
そして
そうそう、マスコミ
テレビや記者といった人達の

行動についても
リアルな現実でも
良く見かける光景がこの「望み」という本でも

家族の中で
加害者か?被害者か?

分からない状態で
高校生の未成年の家族が

分からない、見えない状態で
その状況を

家族は
どう考え、どう期待するのか?


そして
それを取り巻く環境

自宅にも
マスコミ関係者が
連日

そしてこれからの未来についても



親が
息子の
高校生の

行動を
そして、考え方
性格をどこまで把握して

どう思っているのか?

信じているのか?
それとも
もうすべてが

親であっても分からない
知らない一面があるのか?

雫井脩介さんの
「望み」を読んでいて


どちら側に、
そして
結末は

どのように?

小説の中の話だけど

リアルな現実と

連日テレビで、ワイドショーで
情報番組で

押し寄せるマスコミ

そしてネット上で
書き込み

信憑性、ウソ、
根拠のないものなどなど

ハッキリしない状態で
分からない状態でも

周りの環境
反応が
どんどんと・・・・


高校生の息子について

親が
妹が

親戚などが

どのように考えるのか?

加害者?
被害者って?

そして
どちらであれば

いいと考える?

自分にとっても

家族にとっても
望み (角川文庫)

息子を
どの程度
分かっている?

把握している?

うーん、考えさせられる事

多すぎて・・・・
posted by 本book at 12:17 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年05月26日

【雫井脩介小説】望み映画化されるミステリ読むの楽しみ

mozomi_shizukui_shosetsu.jpg




紀伊国屋で小説を買ってきました。
「望み」というタイトルの本
雫井脩介さん。ミステリのジャンルになります。

まだ読んだことないはず、
雫井脩介の本って

文庫本コーナーで
いろいろ
気になる本

読んでみたい小説沢山ありました。

mozomi_shizukui_shosetsu_.jpg





「望み」という本の
内容を

表紙から
帯から

究極の一気読みミステリ

心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー


そして
「映画化」決定
と書かれています。


かなり期待できそう面白そうな小説。
posted by 本book at 02:45 | 兵庫 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年05月19日

【文庫本おすすめ2019】ミステリー好きに「レゾンデートル」

rezon_detoru_.jpg




ミステリー、サスペンス小説でおすすめしたい文庫本
「レゾンデートル」知念 実希人さんの本になります。

初めて
知念 実希人さんを読んだのですが
紀伊国屋で、文庫本コーナーで
かなりミステリー、サスペンス
期待出来そうって事で

ブログで「レゾンデートル」感想レビューしてみます。
映画に、ドラマになりそう。
そうなったら

あの場面、シーンどうなるって
ワクワクしながら読む事ができました。

小説として
かなり読みやすくて
誰が?メイン?
分かりやすく

人ごとに、書かれています。
この章では
誰の目線、誰の気持ちであるとか

そのため、かなり
あいまいに
しっかりと小説読み進めていけると思います。

個人的に
それほど
小説の数を読んでいないので

知念 実希人さんの小説初挑戦。
「レゾンデートル」

読んでいて

まさかの展開が多くて、
お医者さんが主人公?

そして
そのお医者さんが
まさかの・・・

ちょっと信じられないけど
なぜ?


どうして?

ミステリー、サスペンス
満載で

かなりワクワクする事が
期待しながら

小説を楽しく読み進めていく事ができました。

警察に・・・

病気に・・・

さらに
正体は?

まさかの・・・・

ハッピーエンドになりそうにない感じだけど

どんな展開で

エンディングを迎えるのか?



場面場面が
本を読みながら
忠実に

精巧に頭に
浮かべながら

この小説
レゾンデートルが
映画化されたら
ドラマ化されたら


うーん

本のよさ
文字の良さ

どうなってしまうかな?

映像化
ガッカリって事になるのかな??


そうそう
個人的には
小説読んでいて
相関図

人間関係とか、人の名前
ごちゃごちゃに
頭が整理するの得意でない所がありますが

レゾンデートル」では
この章は
誰の話。

誰目線というのが
しっかり
と分けられて

明確化されているので

集中して文字を
文章を読む事が出来たという点も

ミステリー、サスペンスに集中できた。
楽しむ事が出来た要因のようにも。


現在本屋さんで
文庫本コーナーで
大々的に

知念 実希人さんの本
レゾンデートル
並んでいるはずなので

是非読んでもらいたい

ミステリーサスペンスの小説になっています。

レゾンデートル (実業之日本社文庫)
主人公の
お医者さんが
ある事をきっかけに

まさかの展開
見た事
聞いた事が無い展開に

そして
巻き込まれてしまう・・・・

正義のため
法で裁かれない人を・・・・

加担してしまう・・・・

それがどのようにして・・・・

誰が
なぜ、なんのために・・・・

「レゾンデートル」
小説すごいです。
posted by 本book at 18:01 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年05月12日

【東野圭吾】おすすめミステリー仮面山荘殺人事件読みやすい

higashino_keigo_kamen_sanso.jpg




higashino_keigo_kamen_sanso_.jpg

久しぶりに小説読みました。図書館で借りた本です。
東野圭吾さんの本、
仮面山荘殺人事件

ミステリー小説になっているみたい。


かなり個人的には
良かった本でおすすめしたい作品。


仮面山荘殺人事件
って有名なのかな?

東野圭吾さんの小説として


ドラマ化
映画化される作品が多いと思いますが


今回よんだ本
タイトルから

ちょっと想像が
内容が分からない感じですが


銀行強盗が・・・
山荘に・・・・

小説を読み進めるたび

情景が

人達の感情が




でも思っている感じと
予想している展開から

一気に
ガラッと

ミステリーが
展開するって

そして

久しぶりに本を読みましたが

理解しやすい
読みやすいミステリーだなって

まだ読んでいない人に

おすすめしたい

小説の一つ
「仮面山荘殺人事件」
になります。
posted by 本book at 16:42 | 兵庫 | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゾンデートル小説】読書メーター読みたい本ランキング

rezon_detoru_.jpg




rezon_detoru_1.jpg

紀伊国屋で文庫本チェックしてきました。面白そうな本
読んでみたい本が沢山あって迷いましたが

久しぶりに文庫本買ってみました。
「レゾンデートル」
知念実希人さんの書かれた本になります。

表紙と
裏に
帯に書かれている内容が
かなり面白そうな小説って事で


読書メーター読みたい本ランキング
第1位

サスペンス
ミステリー


そうそう
紀伊国屋では
村上春樹さんの
「騎士団長殺し」
文庫本で発売されていました。



まだ読んでいないので

気になりましたが


知念実希人さん
「レゾンデートル」
より

読んでみたくなりましたので

2年連続本屋大賞
ノミネート

デビュー作
原点

という事です。
posted by 本book at 02:54 | 兵庫 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年03月29日

【東野圭吾】小説「ゲームの名は誘拐か」おすすめ映画化され

higasino_keigo_game_shosetsu.jpg

藤木直人さん、仲間由紀恵さん主演によって映画化された
「ゲームの名は誘拐」という小説
東野圭吾さんの作品です。
higasino_keigo_game_shosetsu_.jpg

ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)
レンタルショップで
映画あるんだなって

知ってはいましたが
小説の名前と
映画の名前違うんですね。

小説は
「ゲームの名は誘拐」

映画は
「g@me.」
映画化されています。


東野圭吾さん小説
「ゲームの名は誘拐」

かなりおすすめ。
すごいです。

映画見ていないけど
さすがに、

映画化でどこまで再現できているのか?
分かりませんが

小説には、勝てないって感じの充実感。


そうそう小説
「ゲームの名は誘拐」を読み進めながら

やっぱり映画見ていないけど

藤木直人さん、仲間由紀恵さん
をイメージしながら

小説読むって

すごく楽しいです。


タイトルがいいですね、
「ゲームの名は誘拐」

想像できない、どんなストーリー

内容って

分かりませんよね。

そこから楽しみに

小説読めるって



「ゲームの名は誘拐」
まだ読んでない人には

ぜひおすすめしたい本
東野圭吾さんの作品で

有名なのかな?

映画化されるくらいの作品だから


2019年に読みましたが
時代が
今の現実と比べても

古くない

ちょっと昔の小説になるはずだけど

新鮮な感じが

それもなぜか?すごい
posted by 本book at 07:29 | 兵庫 ☁ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東野圭吾】小説「あの頃の誰か」短編集再生魔術の女がやはり

東野圭吾さんの短編の小説がいくつか掲載されている
「あの頃の誰か」
読んでみてかなりインパクト大。

個人的に一番だったのが
・再生魔術の女

リアル感がすごくて
現実でも??

「あの頃の誰か」という小説集を読んで
どの作品が

どのストーリーが好きとか
分れそうですが

個人的に衝撃
「再生魔術の女」

全然想像もつかない展開から

まさか?

でも本当に?
他の読者の人の感想とか

レビューを見てみたい感じ。


東野圭吾さんの小説で
短編がいくつか掲載されているので
読むのに

気軽な感じで
読み進められます。
あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)

本に慣れ親しんでいる人には

ちょっと物足りない?

短編だから
一気に

インパクトが楽しめるって見方も。


「あの頃の誰か」おすすめしたい本です。
posted by 本book at 07:11 | 兵庫 ☁ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スキンシップゼロ夫婦】ブログから人気で本になったみたい

インターネットで気になる本を見つけました。漫画になるのかな?
ブログで公開されていたものが
人気で本になったようです。
「スキンシップゼロ夫婦」
という作品

そういえば
最近多いとか

このような家庭の人達が

漫画だから
気軽に見れそう。

でも、リアルな感じ分かるの

ちょっと読んでみたい。

ネットの
「ダヴィンチニュース」
で連載
https://ddnavi.com/serial/495699/a/

「スキンシップゼロ夫婦」
されているようなので

チェックしてみるのよさそうです。

スキンシップゼロ夫婦
ブログから

人気注目を集めて

本になるってすごい。
posted by 本book at 07:00 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)
人気記事