最近の記事
2018年06月12日

【噂】小説の感想を書こうと思ったら「ラスト」?ネット上確認

荻原浩さんの「噂」という小説を読み終わりました。インターネット上で「噂 小説 ラスト」という
検索キーワードが表示されたので、もしかしてって思っていくつかのサイトの記載を確認してみると
uwasa_shosetsu_kanso201806.jpg


uwasa_shosetsu_kanso201806_1.jpg


んん??理解できていなかった、「噂 小説 ラスト」を
全部読みましたが、荻原浩さん「噂」
もう一度読み直してみたいと思います。


「ラスト」の所以外は、しっかり理解できて
読み進められていたと思いましたが
まさか?ネット上で「噂 小説 ラスト」キーワードが表示されているって事は

確認したい、合っている?
自分の感覚、考えと、第三者のラストの認識の答え合わせしたい人が多いのかなって。

今回は、
荻原浩さんの「噂」という小説を読み終わったので
作者の人がどんな経歴だった?

Wikipediaで、荻原浩さんのこれまでの仕事、職業を見て
今回の小説に反映されているかって、実体験とか?かと思ったりしましたが

唯一「広告代理店」に勤められていた事があるようで
荻原浩さんが

いやいやほとんど
一般的な事くらいしか小説の中では「噂」では
「広告代理店」については触れられていなかった?

個人的には、警察関係とか
そちらの方に仕事、職業的に
就いていた人なのかなって。


えぇ?だとすれば
調べて、調査して警察内部の事
警察組織の事を小説に登場させていたんですね。

あの具体的な内容って
小説家という人は、書けるものなんですね。



インターネット上で検索キーワード「噂 小説 ラスト」
他の人の感想、ネタバレなどを読んでみて

答えを見てから
もう一度、その方面で意識で

「噂」を読むと
納得できる、見えていなかった文字、文章が

頭に入ってくるはず。


他の部分ももっと次に読む時には
意識して、イメージして読めるような状況になるはず。


そっか、まさか?小説のラストが
意図されているものを理解できていない、分かっていないって
この本で「噂」小説で
実感できました。

やっぱり、答え合わせというか
理解度、感覚などを

他の人の意見、考えを
今の時代ならインターネットで検索してみるのが必要かも?
噂 (新潮文庫)


posted by 本book at 03:59 | 兵庫 ☔ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年06月07日

【噂】小説荻原浩紀伊国屋で、気になった「衝撃のラスト1行」

紀伊国屋でちょっと本でも見てみよかと、何冊か面白そうな本がありましたが
「噂」という本、小説になります。荻原浩さんという方の本になります。
本屋さんの手書きのポップとか、どんな内容?どんな本って「衝撃のラスト1行
uwasa_hon_201806.jpg


uwasa_hon_201806_1.jpg


荻原浩さんという作者の人の本
読んだことないので


どんなタイプの本を書く人か分かりませんが

かなり面白うそう。

「噂」という小説



そういえば、アメトーークで紹介された本とか

あとは、テレビで見た本

読んでみたいって本を

最近買うようになっていました。


今回の荻原浩さんの本は
紀伊国屋のお店で

他の本と見比べて

期待できそうな本がいいって

選んだ本になります。


なんとなく映画の予告みたいに

たしかにすべての本が面白そう

読んでみたくなるような

ポップであったり

概要とか、内容のさわりが書かれているので


個人的に興味ある、読んでみたいってポイントが違うはず

噂 (新潮文庫)

衝撃のラスト1行
につながる、その確認を

早く楽しみながら読みたい小説です。
タグ: 小説 荻原浩
posted by 本book at 01:17 | 兵庫 ☔ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月29日

【中国人考え方の違い?】ルポ中国「潜入バイト」日記を西谷格の本

中国人の方の考え方って?マナーとか、いろいろ注目されていますが
気になっていますよね。どんな考えがあるとか、日本人とどう違うかって?
読売テレビ「そこまで言って委員会」という番組で
辛坊治郎さん、渡辺真理さんがMCの番組です。
China_diary_baito.jpg


China_diary_baito1.jpg

読売テレビ「そこまで言って委員会」に
ルポ 中国「潜入バイト」日記」という本を書いた人が出演されていました。

西谷格さんという方が実際に中国に行って
いろいろ体験して来たって本みたいなんです。

そうそう、その前にお名前
西谷格さんって、「格」という文字を、「ただす」って読むみたいです。ちょっと驚き。


それより、そうです、日本全国で
中国人観光客の人、日本に住んでいる中国の方
いらっしゃって、そうそうあとは政治的な面でも


中国っていろいろ世界と衝突、批判されるようなことが
多々あるんだなって

でも、なぜ?どうしてそんな事を中国がするとか

どう思っているとか、考え方とか、行動には何があるのかなって?


小さな面では、マナーとか、になるのかと

中国人の方って
どのようなタイプの人か知りませんよね。

そんな中、
西谷格さんが
「ルポ 中国「潜入バイト」日記」本の為に
書くために

実際に中国で生活して来たって事を書いてくれている本みたいなんです。

気になっていたので
買ってみました。


まだ途中なんですが
もっと中国について、中国人の方の考え方などが

少しでも理解できればって考えです。

ルポ 中国「潜入バイト」日記 (小学館新書)

中国人は雑巾と布巾の区別ができない (宝島社新書)

朝の情報番組「とくダネ」で中国ネタとして
マナー、食事の「食べ放題」だった?紹介されていました。
中国人の方が確か大阪の食べ放題でマナーがトラブルに?

意識、感覚が違うから
日本の人と、中国の人
ルポ 中国「潜入バイト」日記」を読んで

同じ感覚価値感では
ちょっと厳しいのかも??

違いが、感情が違い過ぎるからって感じてしまうはず。

でも、どうすれば

マナー、トラブルが無くせるのかって?

そこまでは・・・正直分かりません・・・・


飲食店で、お寿司屋さんで中国のアルバイトするって
日本の人が、中国という国で。
中国人の人と一緒にお寿司屋さんで働くって

この「ルポ 中国「潜入バイト」日記」であるんですが

ちょっと、というか、全く
日本の人から考えられない事が沢山あり過ぎて・・・

もしかして「そのお店」だったから?と考えるにしても

食に対する姿勢、安全性が

中国と日本違いがあり過ぎて・・・

おなじ「ものさし」判断ができないって・・・・


「とくダネ」の食べ放題マナー問題
日本で、中国の人の、
トラブルもやっぱり、解決策がなさそう・・・・

★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜
んん、中国の人の考え方、マナーがいろいろ注目されている感じですが
海外の国との外交、日本と他の国のやり取り交渉を見ていても
アメリカとか、韓国などを見ても

どうも日本が上手く外交出来ているように見えないですよね。
って事は、中国の考え方、どんな意識って理解しづらいって思っていたけど
「中国」限定って訳でなさそうですね。
他の国とも、アメリカとか韓国においても

日本と国と国の交渉において
上手く進めていない、前向きな議論みたいなの
日本の意思、意見が上手く伝えられていない、理解されていないって見えますよね。


どうやって国と国との約束とか、決まりとか決定しているんだろう?
考え、意識、重要視しているものが違うはずの
日本の意見考えが採用、理解されている機会が少ないように見えるけど・・・・
posted by 本book at 09:41 | 兵庫 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月02日

【教団X】文庫本アメトーーク読書芸人で紹介されてた本が紀伊國屋

紀伊國屋梅田本店でいい本ないかなって・・
なんとなんと「教団X」中村文則さんの本
アメトーーク読書芸人で紹介されていた本です。
076471.jpg
文庫本となっていました。
びっくり。

ずっと気になっていて
ハードカバーでちょっとお値段も
そして、「ハードカバー」という事で
電車などで読みづらい?「教団X」かなって思っていたら

とうとう文庫本となっていれていたようです。

すごい驚きでした。

古本屋さんで
「教団X」探して

買おうかどうか迷ったりしていましたが

文庫本となってくれれば

電車など通勤など移動中でも

読みやすいってすごいメリット大きいですよね。

あとは、お値段も

文庫本になると

グッと下がってくれますから。

ほんとに
昨日紀伊國屋梅田本店に行って

ちょっと本を見て回ってみて

よかったです。

この文庫本となった

「教団X」

の存在を知る事ができたので
タグ:教団X 文庫
posted by 本book at 05:05 | 兵庫 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月14日

【西加奈子】文庫本「サラバ!」の「下」最終巻あっという間に

西加奈子さんの「サラバ!」文庫本の「下」
上、中、そして、最終巻である
「下」
あっという間に、読み終わってしまいました。
20180214_nishikanako_saraba.jpg


20180214_nishikanako_saraba1.jpg


20180214_nishikanako_saraba2.jpg

「サラバ!」の内容がそう思わせたのか?
最終巻なだけに
それとも
ハードカバーの本の本では
上、下だったものを

文庫本のために

上と中と「下」に分けたから?

物理的に少なかった?「下」ではって?

ほんとに
あっという間に読めてしまったので

色々考える事になりました。

本を読むにあたって
作者が、男性か、女性か
個人的には意識して
その文章を書いている人が
どちらで、そのため
このような内容に、文章に、表現になっているのかっていう事を感じたりして
居たりする部分がありますが

今回のサラバ!に関しては
西加奈子さんの本
女性が書かれた小説という事で

内容が「逆」に新鮮に
インパクト大に感じてしまったり

怒涛の展開
まさか?覆される事の連続で

アメトーークの読書芸人で
この西加奈子さんの本
「サラバ!」を知ったのですが


読むきっかけとなったのですが

主人公に感情移入してしまって
色んな感情を
この本を読む事で
味わう事が出来た感じ

本を読まなければ、感じる事ができない
想像すらできない事が

サラバ!」の主人公には
いろいろ、続々と起こって

女性が書いた本であるって

この点でもビックリしてしまう事が多々あって・・・・

そっか、ちょっと気になったので
「西加奈子」さんの名前でネットで検索してみて

Wikiペディア少し見たけど

そうかぁ・・・

この本の原点というか
「サラバ!」

「西加奈子」さん
生まれた場所、育った場所が

やっぱり、自身が体験、経験
生きてきていないと書けないような内容になっていたので

個人的に凄く納得

という事は、

小説内での
ストーリー、内容に関しても
経験値、そこから派生したものと考えると

リアリティがある、
知らないかった、見た事ない部分って事が

読み側にとって
入り込んでしまう、感情移入してしまう事の要因なのかも?

サラバ! 下 (小学館文庫)

文庫本という形で「サラバ!」を
手軽に、電車内でも
持ち運びが楽な状態で
出会えてよかった感じ

外国の様子、生活がどうなっているのかって
垣間見れる
「サラバ!」になっているのも一つの魅力だと思います。
こちらもWiki見て納得「西加奈子」さんの
posted by 本book at 04:24 | 兵庫 ☁ | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月11日

【西加奈子サラバ】文庫本で「中」アメトーーク読書芸人で紹介の

アメトーーク「読書芸人」で紹介されていた本
西加奈子さんの「サラバ!」

文庫本で発売されていたので
上、中、下の3巻になっています。
上を読み終わったので
続いて「中」
20180211_saraba_nshikanako.jpg


20180211_saraba_nshikanako1.jpg


20180211_saraba_nshikanako2.jpg

まさか?どんな展開にって?

思いながら読み進めていく事ができました。

最初に紀伊国屋の本屋さんで
文庫本
上のみ買って

続いて「中」
上のみで

読みとめる事などできないくらいの作品かと思います。

という事は

最終巻の
「下」もすぐに買うはず

作品のタイトルが
なぜ?
「サラバ!」だったのか?

うーん、どちらの方向に進んでいく?

こんな展開に、ストーリーになるのではって?

思いながら読み進めても
別の方向に進んでいって

やっぱり、主人公が

家族がどうなってしまうのか・・・

サラバ!
中のみでは

終われそうにありません。

次の最終巻の
「下」も

購入して読み進めなければ

サラバ! 中 (小学館文庫)

「サラバ!」の小説内で描かれている
海外の様子、生活の様子
あまりに詳細に、読んでいて
すごく理解できるというか、体験できてしまっている感じ

もしかして?西加奈子さんの体験、経験
実体験も?って思っていたりして

あくまでも参考的なものとして
Wikiペディアで「西加奈子さん」のWEBページを見て
大納得
西加奈子さん自身が生まれた場所
育った場所を見て
「サラバ!」に活かされている

それが読み手に
しっかり伝わっている。読む人が
実際に外国の生活を、日常に入り込めてしまう感じに
posted by 本book at 08:25 | 兵庫 🌁 | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月09日

【サラバ文庫本】西加奈子さんの本初挑戦、アメトーークで紹介

西加奈子さんの本「サラバ!」文庫本になっていました。
こちらの本は、アメトーーク読書芸人で紹介されていた本です。

昨日紀伊國屋に行って
文庫本コーナーを見て回って
西加奈子さんの本「サラバ!」見つけました。

文庫本では、上、中、下
3つに分かれているようです。

昨日は、まず
「サラバ!」の上のみ買ってみました。
20180109_nishi_kanako_saraba.jpg


20180109_nishi_kanako_saraba1.jpg


文庫本なので
電車の中でも読みやすそうで
かなり読むの楽しみです。

西加奈子さんの本
まだ一冊も読んだことがないので
どんな感じの内容か?すごく楽しみ


そうそう、また
アメトーーク読書芸人
紹介されていた本買ってしまいました。

まだまだ2017年の
東野幸治さん初出演の読書芸人で
紹介していた本で


気になっている本、読みたい本があるのに

その以前に

紹介されていた
西加奈子さんの本「サラバ!」に挑戦してみる事になりました。

やっぱり個人的に
ハードカバーの本より

文庫本の方が
持ち運び安いし

手軽に読めるから

あとは
お値段も抑えられている感じだし

文庫本ありがたいなって

サラバ! 上 (小学館文庫)

自宅では
罪の声」ハードカバーの本を
もう一回読みつつ

電車などで
文庫本
西加奈子さんの本「サラバ!」
を読み進めたいと思っています。
posted by 本book at 04:22 | 兵庫 ☔ | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月08日

【湊かなえ】「物語のおわり」文庫本に紀伊国屋で知って、「母性」

紀伊国屋の前を取った時に、「湊 かなえ」さんの本が
文庫本になったって分かりました。

今回文庫本になったのが
「物語のおわり」という本


湊 かなえ」さんの本かぁ・・・
ちょっと気になったので

紀伊国屋の店内で
文庫本を見つけて

どうしようかなって・・

そういえば

たしか、前回「湊 かなえ」さんの本読んだのは
「母性」というタイトルの本です。


文庫本で読みました。

あくまでも個人的な感想ですが

この「母性」という本

ただただ、悲しい・・・
切ない・・・
うーん、暗い感じのまま


終了してしまったような感じで・・・

そっか、もしかして

湊 かなえ」さん本って

個人的に合わない??

いや、もしかして「母性」という本が
合わなかった??

ちょっと
「湊 かなえ」さんどうかなって・・・

ちょっと迷ってしまったので

他の文庫本でも見てみようと思って

探してみた感じで

まだ読んだことない作家さんの本

西 加奈子さんの本

アメトーーク読書芸人でも
たびたび取り上げられている

サラバ!

文庫本では
上、中、下
の3つに分かれているようです。

確かハードカバーでは
上と下の2巻だった??

今日は、
西 加奈子さんの本
「サラバ!」の上

のみ文庫本買ってみました。



文庫本なので電車の中でも読みやすそう

西 加奈子さんの本まだ読んだことなくて

この本「サラバ!」を読むの楽しみです。

「サラバ!」を読み始めてみて
内容、ストーリーで

作者は、男性?女性?って

西 加奈子さんの本という事で

そっか内容的に

どちらの人が書いているのかって

意識して、その意外性、ギャップを

個人的に
感じてしまう展開に・・・

ほんの作者が
男性だから
女性だから

この内容に、このような描写にって

この考え方って
皆さん同じ様に本を読む時

意識される部分かなって?ちょっと疑問に感じながら・・・
posted by 本book at 12:25 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【罪の声】アメトーーク読書芸人光浦靖子おすすめ本感想は?

アメトーークで光浦靖子さんが紹介していた本「2017年」
「罪の声」塩田 武士
読み終わりました。
20180108_tumino_koe.jpg


20180108_tumino_koe1.jpg

1回「罪の声」読んだ感想は
ちょっと登場人物、相関関係が
読み進めていると、ちょっと半信半疑になって
記憶と、登場人物の名前とか


今登場しているのが誰で
誰かと間違っていない?勘違いしていないって?

その感じを抱えたまま
最後まで「罪の声」読み切りました。


アメトーークで光浦靖子さんが紹介していた
東野幸治さんも絶賛していた本
「罪の声」塩田 武士

2回読もうと思って
1回目が読破できたので

もう一度、最初から
「罪の声」を読み直しています。

次は、しっかり人物名
相関関係を意識しつつ

名前と登場人物がリンクするように

1回目の読んでいる時より

しっかり内容を理解できるように

読み進めている最中になります。


テレビで光浦靖子さん、東野幸治さんが
この本「罪の声」の概要を紹介している様子で
自分の中で想定していた
本の内容と

実際に読んでみた感じで

かなり受けた印象と読んでみての印象
かなり違っていた感じです。

すごく「罪の声」という本を
おすすめしている状況、感情が

実際に読んでみて納得できる本であると

認識できました。

罪の声

本読みなれていないから?
「罪の声」の登場人物

相関図などはっきり記憶、頭に描かれなかったの?

でも次こそ、しっかり意識しながら
「罪の声」を読み進めている最中です。

2017年「読書芸人」で紹介されていた本になります。
posted by 本book at 09:21 | 兵庫 ☁ | アメトーーク読書芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月02日

【屍人荘の殺人】有栖川有栖さん今村昌弘さんトークイベント梅田

大阪の紀伊国屋 梅田でトークイベント情報

2018年1月12日金曜日
18時半〜
「屍人荘の殺人」3冠記念
有栖川有栖さん 今村昌弘さん

トークイベント
20180102_tolk_ivant.jpg


紀伊国屋入ってみると

こちらの本
「屍人荘の殺人」

かなり目立つ感じで並べられていました。

人気、注目度の高さが分かります。


そうそう読み方って?

何て読むんだろうって

こちらの本のタイトル
「屍人荘の殺人」

インターネットで検索してみると

しびと

と読むようです。

「屍人」って


屍人荘の殺人



posted by 本book at 02:27 | 兵庫 ☔ | 紀伊國屋書店イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)