最近の記事
2012年01月28日

苦役列車 西村 賢太

苦役列車 [ハードカバー]
西村 賢太 (著)






苦役列車 [ハードカバー]
西村 賢太 (著)


商品の説明
第144回(平成22年度下半期) 芥川賞受賞
内容(「BOOK」データベースより)
友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の慰めに、その日暮らしの港湾労働で生計を立てている十九歳の貫太。或る日彼の生活に変化が訪れたが…。こんな生活とも云えぬような生活は、一体いつまで続くのであろうか―。昭和の終わりの青春に渦巻く孤独と窮乏、労働と因業を渾身の筆で描き尽くす表題作と「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を収録。第144回芥川賞受賞。
posted by 本book at 09:26 | 兵庫 ⛄ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル [ハードカバー]
東野 圭吾 (著)





マスカレード・ホテル [ハードカバー]
東野 圭吾 (著)


内容紹介
待望の新ヒーロー誕生! 極上の長編ミステリ
都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し・・・。1行たりとも読み飛ばせない、東野ミステリの最高峰。
posted by 本book at 09:22 | 兵庫 ⛄ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真夏の方程式

真夏の方程式 [ハードカバー]
東野 圭吾 (著)





真夏の方程式 [ハードカバー]
東野 圭吾 (著)


内容紹介
夏休みに美しい海辺の町にやってきた少年。そこで起きた事件は、事故か殺人か。少年は何をし、湯川は何に気づいてしまったのか。
内容(「BOOK」データベースより)
夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美しい海を誇る町にやって来たのか…。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。
posted by 本book at 09:20 | 兵庫 ⛄ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麒麟の翼 (特別書き下ろし)

麒麟の翼 (特別書き下ろし) [ハードカバー]
東野 圭吾 (著)





麒麟の翼 (特別書き下ろし) [ハードカバー]
東野 圭吾 (著)


内容説明
東野圭吾作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――加賀シリーズ最高傑作、書き下ろし!
posted by 本book at 09:18 | 兵庫 ⛄ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜明けの街で (角川文庫) [文庫]

夜明けの街で (角川文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)







夜明けの街で (角川文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)


内容紹介
幸福な家庭で起きた殺人事件。まもなく時効を迎える。僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。
内容(「BOOK」データベースより)
不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる―。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。
posted by 本book at 09:17 | 兵庫 ⛄ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年01月26日

秋月記 [単行本]

秋月記 [単行本]
葉室 麟 (著)





秋月記 [単行本]
葉室 麟 (著)


内容紹介
福岡藩の支藩、秋月藩で、馬周り役・間小次郎は、若者らしい正義感から、長く藩政を牛耳ってきた家老・宮崎織部の糾弾に加わり、仲間と共にその排除に成功する。しかしその裏には福岡藩の策謀が・・・。書き下ろし!
内容(「BOOK」データベースより)
筑前の小藩・秋月藩で、専横を極める家老・宮崎織部への不満が高まっていた。間小四郎は、志を同じくする仲間の藩士たちとともに糾弾に立ち上がり、本藩・福岡藩の援助を得てその排除に成功する。藩政の刷新に情熱を傾けようとする小四郎だったが、家老失脚の背後には福岡藩の策謀があった。藩財政は破綻寸前にあり、いつしか仲間との絆も揺らぎ始めて、小四郎はひとり、捨て石となる決意を固めるが―。いま最も注目を集める新鋭が放つ、いぶし銀の傑作。


本のおすすめ
posted by 本book at 11:41 | 兵庫 ☀ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜩ノ記 [単行本] 葉室 麟

蜩ノ記 [単行本] 葉室 麟
葉室 麟 (著)





蜩ノ記 [単行本]
葉室 麟 (著)


商品の説明
第146回(平成23年度下半期) 直木賞受賞
内容紹介
鳴く声は、命の燃える音に似て―― 命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか? 豊後・羽根藩の奥祐筆・檀野庄三郎は、城内で刃傷沙汰に及んだ末、からくも切腹を免れ、家老により向山村に幽閉中の元郡奉行・戸田秋谷の元へ遣わされる。秋谷は七年前、前藩主の側室と不義密通を犯した廉で、家譜編纂と十年後の切腹を命じられていた。庄三郎には編纂補助と監視、七年前の事件の真相探求の命が課される。だが、向山村に入った庄三郎は秋谷の清廉さに触れ、その無実を信じるようになり……。命を区切られた男の気高く凄絶な覚悟を穏やかな山間の風景の中に謳い上げる、感涙の時代小説!


本のおすすめ
posted by 本book at 11:40 | 兵庫 ☀ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麒麟の翼 東野 圭吾

麒麟の翼 東野 圭吾
東野圭吾作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――加賀シリーズ最高傑作、書き下ろし!






麒麟の翼 (特別書き下ろし) [ハードカバー]
東野 圭吾 (著)


本のおすすめ
posted by 本book at 07:53 | 兵庫 ☀ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)