最近の記事
2012年04月27日

震える牛

震える牛 [単行本]
相場 英雄 (著)







震える牛 [単行本]
相場 英雄 (著)

内容紹介
平成版『砂の器』誕生!

警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の捜査を命じられる。
初動捜査では、その手口から犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んでいた。田川は事件現場周辺の目撃証言を徹底的に洗い直し、犯人が逃走する際ベンツに乗車したことを掴む。ベンツに乗れるような人間が、金ほしさにチェーンの居酒屋を襲うだろうか。同時に殺害されたのは、互いに面識のない仙台在住の獣医師と東京・大久保在住の産廃業者。田川は二人の繋がりを探るうち大手ショッピングセンターの地方進出、それに伴う地元商店街の苦境など、日本の構造変化が事件に大きく関連していることに気付く。
これは、本当にフィクションなのか?
日本の病巣、日本のタブーに斬り込んだ、
衝撃のエンターテイメント大作!

【編集担当者からのおすすめ情報】
子供たちが口にする加工食品は、本当に安全か?
地方都市は、なぜ衰退したのか?
消費者を欺く企業。安全より経済効果を優先する社会。
命を軽視する風土が、悲劇を生んだ。
内容(「BOOK」データベースより)
消費者を欺く企業。安全より経済効率を優先する社会。命を軽視する風土が、悲劇を生んだ。超弩級、一気読みエンターテイメント。

震える牛

砂の器〈上〉 (新潮文庫)
砂の器〈下〉 (新潮文庫)
タグ:震える牛
posted by 本book at 05:25 | 兵庫 ☔ | 相場 英雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月26日

舟を編む

舟を編む [単行本]
三浦 しをん (著)






舟を編む [単行本]
三浦 しをん (著)


商品の説明
2012年本屋大賞 大賞受賞
内容紹介
玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。


2012年本屋大賞
1位:『舟を編む』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)
posted by 本book at 08:27 | 兵庫 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月24日

さまよう刃

さまよう刃 [単行本]
東野 圭吾 (著)







さまよう刃 [単行本]
東野 圭吾 (著)


出版社 / 著者からの内容紹介
蹂躙され殺された娘の復讐のため、父は犯人の一人を殺害し逃亡する。「遺族による復讐殺人」としてマスコミも大きく取り上げる。遺族に裁く権利はあるのか? 社会、マスコミそして警察まで巻き込んだ人々の心を揺さぶる復讐行の結末は!?
内容(「MARC」データベースより)
不良少年たちに蹂躙され死体となった娘の復讐のために、父は仲間の一人を殺害し逃亡する。世間の考えは賛否が大きく分かれ、警察内部でも父親に対する同情論が密かに持ち上げる。はたして犯人を裁く権利は遺族にあるのか?


さまよう刃 [DVD]
寺尾聰 (出演), 竹野内豊 (出演), 益子昌一 (監督) | 形式: DVD






内容紹介
■キャッチコピー■
東野圭吾 衝撃の問題作。150万部突破の大ベストセラー、待望の映画化!

【解説】
誰が裁くのか。誰が守るのか。
「秘密」「手紙」「容疑者Xの献身」「流星の絆」など映画・ドラマ化作品で大ヒット連発している作家・東野圭吾。
「さまよう刃」は、少年法と被害者感情の乖離など社会に対する問題提起がたちまち話題となり、現在までに150万部を越すベストセラー記録を樹立。東野圭吾作品の中で、最も映像化を熱望されていた衝撃作が遂に映画化。
最愛の娘が、少年達によって、凌辱され殺された。謎の密告電話により、失意のどん底に落ちていた父親・長峰重樹は、犯人を知ることになる。
「我が国の法律では未成年者に極刑は望めない!」
復讐が何も解決しない虚しい行為だと分かっていながら、父親は自ら犯人を追う――。
「警察は市民を守っているわけじゃない。警察が守ろうとしているのは、法律の方ってことですか」
娘を殺された父親の気持ちと残虐な犯罪を繰り返す少年を守るかのような少年法の狭間で揺れる刑事・織部孝史と真野信一。それぞれの苦悩と葛藤が交差し、事件は予想外の結末を迎える。
最愛の娘を奪われた主人公を、静かにしかし圧倒的な存在感で寺尾 聰が熱演。共演に竹野内 豊、伊東四朗という最高のキャストを迎え、観る者の心を激しく揺さぶる衝撃作が、ここに誕生した。

【キャスト】
寺尾 聰 竹野内 豊 伊東四朗 酒井美紀 山谷初男

【スタッフ】
原作:東野圭吾(角川文庫刊)
監督・脚本:益子昌一
音楽:川井憲次
製作:平城隆司/中曽根千治
企画:川田直美/梅澤道彦/遠藤茂行
プロデュース:香月純一
プロデューサー:石田基紀/山田兼司/長澤昌子
撮影監督:王 敏
照明:三善章誉
美術:福澤裕二
装飾:柴田博英
録音:山方 浩
編集:三條知生
助監督:早川喜貴
制作担当:安田邦弘/甲斐路直
宣伝プロデューサー:相田光江
制作プロダクション:オニオン
製作:「さまよう刃」製作委員会
配給:東映

【公開日】2009年10月公開

【コピーライト】(C)2009「さまよう刃」製作委員会

【スペック】
●映像特典(予定)
◆予告
◆TVスポット
◆イベント映像
◆鳥越俊太郎×寺尾 聰 スペシャル対談(予定)

DSTD03217/4,700円(税込4,935円)/COLOR/本編112分/片面2層/1.主音声:ドルビー5.1ch/16:9LB
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
東野圭吾のベストセラー小説を寺尾聰主演で映画化。娘を少年たちに陵辱され殺された長峰重樹は、匿名の密告電話で犯人を知り、復讐に乗り出す。一方で刑事の織部と真野は、少年に十分な厳罰が与えられない司法制度に疑問を抱きつつも長峰を追うが…。


本ブック ドットコム
本のおすすめ
タグ:さまよう刃
posted by 本book at 14:48 | 兵庫 ☀ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まほろ駅前番外地

まほろ駅前番外地 [単行本]
三浦 しをん (著)







まほろ駅前番外地 [単行本]
三浦 しをん (著)


内容(「BOOK」データベースより)
第135回直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』での愉快な奴らが帰ってきた。多田・行天の物語とともに、星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリーを収録。


厚生書店
本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 14:45 | 兵庫 ☀ | 三浦 しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月21日

八日目の蝉

八日目の蝉 [単行本]
角田 光代 (著)







八日目の蝉 [単行本]
角田 光代 (著)

出版社/著者からの内容紹介
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか−−理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。家族という枠組みの意味を探る、著者初めての長篇サスペンス。
内容(「BOOK」データベースより)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。
八日目の蝉


八日目の蝉 [Blu-ray]
井上真央 (出演), 永作博美 (出演), 成島出 (監督) | 形式: Blu-ray





内容紹介
直木賞作家・角田光代のベストセラー小説、衝撃の映画化!

不倫相手の子供を誘拐し4年間育てた女と、
誘拐犯に育てられた女。
なぜ、誘拐したのか?
なぜ、私だったのか?

女として生まれたことの痛ましいまでの哀しみと、それを生き抜く強さを描く、衝撃の人間ドラマ。

希代のストーリーテラー、角田光代が手掛けた初の長編サスペンスであり、最高傑作の呼び声高い「八日目の蝉」。
05年11月から読売新聞にて連載され、 07年第2回中央公論文芸賞を受賞。各メディアから絶賛と驚愕を持って迎えられたベストセラー小説が、遂に映画化。

【ストーリー】
今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった。
1985年に起こったある誘拐事件―。

不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜。
実の両親の元へ戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠していることに気づく。
相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜がそこで見つけたある真実。
そして、恵理菜の下した決断とは・・・?

【キャスト】
井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子 田中哲司 渡邉このみ 市川実和子/余貴美子 平田満 風吹ジュン/劇団ひとり 田中泯

【スタッフ】
原作:角田光代(中公文庫)
監督:成島出『孤高のメス』
脚本:奥寺佐渡子『サマーウォーズ』
音楽:安川午朗
主題歌:「Dear」中島美嘉(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
挿入歌:「ドーターズ」ジョン・メイヤー(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
製作:『八日目の蝉』製作委員会
配給:松竹

【特典映像】
●予告編
●メイキング
●未公開シーン
●イベント映像 他

【封入特典】
ブックレット
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
直木賞作家・角田光代のベストセラー小説を、井上真央、永作博美主演で映画化。不倫相手の子供を誘拐した女と、誘拐犯に育てられた女。ふたりの4年間の逃亡生活と、その後の運命を描いたヒューマンサスペンス。メイキングなどを収録した特別版。



posted by 本book at 09:52 | 兵庫 ☁ | 角田 光代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖女の救済

聖女の救済 (文春文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)







聖女の救済 (文春文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)


内容紹介
男が自宅で毒殺されたとき、動機のある妻には鉄壁のアリバイがあった。湯川学が導き出した結論は虚数解。驚くべき事件の真相とは?
内容(「BOOK」データベースより)
資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。驚愕のトリックで世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作。


東野 圭吾
聖女の救済 (文春文庫)
ナミヤ雑貨店の奇蹟
ガリレオの苦悩 (文春文庫)
posted by 本book at 06:43 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人質の朗読会

人質の朗読会 [単行本]
小川 洋子 (著)







人質の朗読会 [単行本]
小川 洋子 (著)


内容(「BOOK」データベースより)
遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた。紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは人質たちと見張り役の犯人、そして…しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小川 洋子
1962年、岡山市に生まれる。早稲田大学第一文学部卒。88年、「揚羽蝶が壊れる時」により第七回海燕新人文学賞を、91年、「妊娠カレンダー」により第一〇四回芥川賞を受賞。2004年、『博士の愛した数式』で第五五回読売文学賞と第一回本屋大賞を、06年、『ミーナの行進』で第四二回谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


2012年本屋大賞
1位:『舟を編む』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)
posted by 本book at 06:41 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月20日

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ [単行本]
朝井 リョウ (著)







桐島、部活やめるってよ [単行本]
朝井 リョウ (著)


商品の説明
第22回(2009年) 小説すばる新人賞受賞
内容紹介
バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が突然部活をやめた。

それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな、しかし確実な波紋が広がっていく。

野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。

部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。

桐島はどうして部活をやめたのか?

17歳の彼らは何を抱えているのか?

物語をなぞるうち、いつしか「あの頃」の自分が踏み出した「一歩」に思い当たる……。

世代を超えて胸に迫る青春小説の傑作! 第22回小説すばる新人賞受賞作。
桐島、部活やめるってよ


本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 07:01 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)