最近の記事
2012年07月28日

境遇

境遇 [単行本]
湊 かなえ (著)





境遇 [単行本]
湊 かなえ (著)


内容紹介
主人公は36歳のふたりの女性。
政治家の夫と幸せな家庭を築き、さらに絵本作家としても注目を浴びる主婦の陽子。
家族のいない天涯孤独な新聞記者の晴美。ふたりは親友同士であるが、共に生まれてすぐ親に捨てられた過去を持つ。
ある日、「世間に真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状と共に、陽子の5歳になる息子が誘拐された。
真実とは一体何なのか ……。
晴美と共に「真実」を求め奔走する陽子。すると、陽子の絵本のファンだという一人の女性の存在が浮上する。
犯人はその女性なのか、それとも……。
人 は生まれる環境を選べない。しかし、その後の人生は自分の意思で選び、自分の手で築いていくことができる。
犯人の示す「真実」が明らかになるとき、ふたりの歩んできた境遇 =人生の意味が改めて浮き彫りになっていく。
内容(「BOOK」データベースより)
デビュー作の絵本がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美は親友同士。共に幼いころ親に捨てられた過去を持つ。ある日、脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐され…。
posted by 本book at 19:11 | 兵庫 ☀ | 湊 かなえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月19日

冥土めぐり

冥土めぐり [単行本]
鹿島田 真希 (著)





冥土めぐり [単行本]
鹿島田 真希 (著)


内容紹介
あの過去を確かめるため、私は夫と旅に出た――裕福だった過去に執着する母と弟。彼らから逃れたはずの奈津子だが、突然、夫が不治の病になる。だがそれは完き幸運だった……著者最高傑作!
内容(「BOOK」データベースより)
裕福だった過去に執着し、借金を重ねる母と弟。一族の災厄から逃れたはずの奈津子だが、突然、夫が不治の病にかかる。だがそれは、奇跡のような幸運だった―夫とめぐる失われた過去への旅。第147回芥川賞候補作。 ゼロの王国
posted by 本book at 05:53 | 兵庫 ☀ | 鹿島田真希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鍵のない夢を見る

鍵のない夢を見る [単行本]
辻村 深月 (著)





鍵のない夢を見る [単行本]
辻村 深月 (著)


内容説明
普通の町に生きる、ありふれた人々がふと魔が差す瞬間、転がり落ちる奈落を見事にとらえる5篇。現代の地方の姿を鋭く衝く短篇集
内容(「BOOK」データベースより)
望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そんな願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。待望の最新短篇集。
posted by 本book at 05:51 | 兵庫 ☀ | 辻村深月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月16日

苦役列車

苦役列車 [ハードカバー]
西村 賢太 (著)







苦役列車 [ハードカバー]
西村 賢太 (著)


商品の説明
第144回(平成22年度下半期) 芥川賞受賞
内容紹介
劣等感とやり場のない怒りを溜め、埠頭の冷凍倉庫で日雇い仕事を続ける北町貫多、19歳。将来への希望もなく、厄介な自意識を抱えて生きる日々を、苦役の従事と見立てた貫多の明日は――。現代文学に私小説が逆襲を遂げた、第144回芥川賞受賞作。後年私小説家となった貫多の、無名作家たる諦観と八方破れの覚悟を描いた「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を併録。
posted by 本book at 08:43 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラチナデータ

プラチナデータ [単行本]
東野 圭吾 (著)





プラチナデータ [単行本]
東野 圭吾 (著)


内容紹介
国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。殺さ れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。彼らは、なぜ殺されたの か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。犯人の名は、『神楽龍平』――。 追う者から追われる者へ。事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。果たして神楽は警察 の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。 --このテキストは、 文庫 版に関連付けられています。
内容(「BOOK」データベースより)
犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこの世に存在しないのか?時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果は…「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。犯人は、神楽自身であることを示していた―。確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。
posted by 本book at 08:41 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京プリズン

東京プリズン [単行本]
赤坂 真理 (著)






東京プリズン [単行本]
赤坂 真理 (著)


内容紹介
戦争は忘れても、戦後は終らない……16歳のマリが挑んだ現代の“東京裁判"を描き、朝日、毎日、産経各紙で、文学史的事件と話題騒然! 著者9年ぶりとなる感動の超大作。
内容(「BOOK」データベースより)
戦争を忘れても、戦後は終わらない。16歳のマリが挑む現代の「東京裁判」。

赤坂 真理
太陽の涙 (Coffee Books)

コーリング
posted by 本book at 08:39 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月01日

絵本・地獄

絵本・地獄 [大型本]
白仁成昭 (著), 宮次男 (著)





絵本・地獄 [大型本]
白仁成昭 (著), 宮次男 (著)


悪いことをすれば地獄に堕ちる 「針地獄」 「火あぶり地獄」 「かまゆで地獄」 「なます地獄」 悪いことをすると鬼たちが許さない。 絵本で子供たちに読み聞かせると、どんな子供も悪いことをしなくなると言う。 集英社の子育てを題材にした漫画「ママはテンパリスト」の中に、登場するなど、 漫画家・東村アキコさんが推奨している本で、 それをきっかけに13万部を越えるブームになった本です。


絵本と昭和史の専門店 厚生書店 ホームページ
posted by 本book at 13:56 | 兵庫 ☔ | 白仁成昭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館戦争 図書館戦争シリーズ

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) [文庫]
有川 浩 (著), 徒花 スクモ (イラスト)




図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) [文庫]
有川 浩 (著), 徒花 スクモ (イラスト)


内容紹介
2019年。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、日本はメディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げていた。笠原郁は、図書特殊部隊に配属されるのだが……。
内容(「BOOK」データベースより)
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。

図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)


映画 DVD市場
映画 DVD鑑賞ブログ
posted by 本book at 13:54 | 兵庫 ☔ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)