最近の記事
2018年01月09日

【サラバ文庫本】西加奈子さんの本初挑戦、アメトーークで紹介

西加奈子さんの本「サラバ!」文庫本になっていました。
こちらの本は、アメトーーク読書芸人で紹介されていた本です。

昨日紀伊國屋に行って
文庫本コーナーを見て回って
西加奈子さんの本「サラバ!」見つけました。

文庫本では、上、中、下
3つに分かれているようです。

昨日は、まず
「サラバ!」の上のみ買ってみました。
20180109_nishi_kanako_saraba.jpg


20180109_nishi_kanako_saraba1.jpg


文庫本なので
電車の中でも読みやすそうで
かなり読むの楽しみです。

西加奈子さんの本
まだ一冊も読んだことがないので
どんな感じの内容か?すごく楽しみ


そうそう、また
アメトーーク読書芸人
紹介されていた本買ってしまいました。

まだまだ2017年の
東野幸治さん初出演の読書芸人で
紹介していた本で


気になっている本、読みたい本があるのに

その以前に

紹介されていた
西加奈子さんの本「サラバ!」に挑戦してみる事になりました。

やっぱり個人的に
ハードカバーの本より

文庫本の方が
持ち運び安いし

手軽に読めるから

あとは
お値段も抑えられている感じだし

文庫本ありがたいなって

サラバ! 上 (小学館文庫)

自宅では
罪の声」ハードカバーの本を
もう一回読みつつ

電車などで
文庫本
西加奈子さんの本「サラバ!」
を読み進めたいと思っています。
posted by 本book at 04:22 | 兵庫 ☔ | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月08日

【湊かなえ】「物語のおわり」文庫本に紀伊国屋で知って、「母性」

紀伊国屋の前を取った時に、「湊 かなえ」さんの本が
文庫本になったって分かりました。

今回文庫本になったのが
「物語のおわり」という本


湊 かなえ」さんの本かぁ・・・
ちょっと気になったので

紀伊国屋の店内で
文庫本を見つけて

どうしようかなって・・

そういえば

たしか、前回「湊 かなえ」さんの本読んだのは
「母性」というタイトルの本です。


文庫本で読みました。

あくまでも個人的な感想ですが

この「母性」という本

ただただ、悲しい・・・
切ない・・・
うーん、暗い感じのまま


終了してしまったような感じで・・・

そっか、もしかして

湊 かなえ」さん本って

個人的に合わない??

いや、もしかして「母性」という本が
合わなかった??

ちょっと
「湊 かなえ」さんどうかなって・・・

ちょっと迷ってしまったので

他の文庫本でも見てみようと思って

探してみた感じで

まだ読んだことない作家さんの本

西 加奈子さんの本

アメトーーク読書芸人でも
たびたび取り上げられている

サラバ!

文庫本では
上、中、下
の3つに分かれているようです。

確かハードカバーでは
上と下の2巻だった??

今日は、
西 加奈子さんの本
「サラバ!」の上

のみ文庫本買ってみました。



文庫本なので電車の中でも読みやすそう

西 加奈子さんの本まだ読んだことなくて

この本「サラバ!」を読むの楽しみです。

「サラバ!」を読み始めてみて
内容、ストーリーで

作者は、男性?女性?って

西 加奈子さんの本という事で

そっか内容的に

どちらの人が書いているのかって

意識して、その意外性、ギャップを

個人的に
感じてしまう展開に・・・

ほんの作者が
男性だから
女性だから

この内容に、このような描写にって

この考え方って
皆さん同じ様に本を読む時

意識される部分かなって?ちょっと疑問に感じながら・・・
posted by 本book at 12:25 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【罪の声】アメトーーク読書芸人光浦靖子おすすめ本感想は?

アメトーークで光浦靖子さんが紹介していた本「2017年」
「罪の声」塩田 武士
読み終わりました。
20180108_tumino_koe.jpg


20180108_tumino_koe1.jpg

1回「罪の声」読んだ感想は
ちょっと登場人物、相関関係が
読み進めていると、ちょっと半信半疑になって
記憶と、登場人物の名前とか


今登場しているのが誰で
誰かと間違っていない?勘違いしていないって?

その感じを抱えたまま
最後まで「罪の声」読み切りました。


アメトーークで光浦靖子さんが紹介していた
東野幸治さんも絶賛していた本
「罪の声」塩田 武士

2回読もうと思って
1回目が読破できたので

もう一度、最初から
「罪の声」を読み直しています。

次は、しっかり人物名
相関関係を意識しつつ

名前と登場人物がリンクするように

1回目の読んでいる時より

しっかり内容を理解できるように

読み進めている最中になります。


テレビで光浦靖子さん、東野幸治さんが
この本「罪の声」の概要を紹介している様子で
自分の中で想定していた
本の内容と

実際に読んでみた感じで

かなり受けた印象と読んでみての印象
かなり違っていた感じです。

すごく「罪の声」という本を
おすすめしている状況、感情が

実際に読んでみて納得できる本であると

認識できました。

罪の声

本読みなれていないから?
「罪の声」の登場人物

相関図などはっきり記憶、頭に描かれなかったの?

でも次こそ、しっかり意識しながら
「罪の声」を読み進めている最中です。

2017年「読書芸人」で紹介されていた本になります。
posted by 本book at 09:21 | 兵庫 ☁ | アメトーーク読書芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月02日

【屍人荘の殺人】有栖川有栖さん今村昌弘さんトークイベント梅田

大阪の紀伊国屋 梅田でトークイベント情報

2018年1月12日金曜日
18時半〜
「屍人荘の殺人」3冠記念
有栖川有栖さん 今村昌弘さん

トークイベント
20180102_tolk_ivant.jpg


紀伊国屋入ってみると

こちらの本
「屍人荘の殺人」

かなり目立つ感じで並べられていました。

人気、注目度の高さが分かります。


そうそう読み方って?

何て読むんだろうって

こちらの本のタイトル
「屍人荘の殺人」

インターネットで検索してみると

しびと

と読むようです。

「屍人」って


屍人荘の殺人



posted by 本book at 02:27 | 兵庫 ☔ | 紀伊國屋書店イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)