最近の記事
2018年10月28日

【宿命】東野圭吾小説感想レビュー理解できたかな?おすすめ本に

東野圭吾さんの小説「宿命」を読んでみました。
感想レビューを書いてみたいと思います。
うーんちゃんと読み取れたかなって?
「糸」の存在について
ハッキリと分からなかった事が
syukumei_higashino_keigo_shosetsu201810.jpg




東野圭吾さんの小説「宿命」のポイントってどこ?
読む人によって
違ってくると思いますが

個人的にはやっぱり
運命の「糸」

これについて

ある程度は理解できた、納得できた感じでしたが

あれ?これで全部だった?

まだもう少し理解したい部分があったような??

読み取れなかったのかな?


もしくは、そこまで
流れについては

小説「宿命」
運命の「糸」について。

東野圭吾さん
小説「宿命」
では主役とされる人が

警察官

この人を中心として

学生時代から

そして警察官になってからも・・・・

いくつの展開。

想像を超えた

そういえば
以前読んだ記憶のある感じ

東野圭吾さんの小説で
触れられていたようなタッチというか

いやいや

個性というものなのかなって


ほんと想像できない感じに
内容ストーリー展開です。


東野圭吾さんの小説「宿命」おすすめしたい本になります。






posted by 本book at 10:20 | 兵庫 ☀ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。