最近の記事
2019年07月10日

【川上未映子サイン会】大阪梅田で夏物語イベント開催2019年7月

kawakami_mieko_events_osaka.jpg

大阪梅田の紀伊国屋のポスターをチェック。

川上未映子さんサイン会
「夏物語」刊行記念
2019年7月13日土曜日 14時から

大阪の出身の人なんですね。」
Wikipedia
でチェックできました。

夏物語
という作品

かなり注目されている事が
インターネット上でも


そうそう
川上未映子さんサイン会

という事も

検索している人
ファンの人が多いようです。


大阪出身で
同じ年代で考えると
西加奈子さん?

育ったのが
大阪だったかな?
posted by 本book at 04:31 | 兵庫 ☁ | 川上 未映子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年07月06日

【最後のトリック】小説感想レビュー読み取りできた?予想できない

saigono_torikku_fukami_shosetsu.jpg

小説「最後のトリック」深水黎一郎さんの作品。
読み終えたので感想レビューしてみたいと思います。
まず全てを理解できた?読み取れた?
かちょっと半信半疑。

深水黎一郎さんの
文章を堪能できていないかも?
「最後のトリック」

を読んで
しっかりと理解できたという人
もしかして少ないのかも?
という感覚。
最後のトリック (河出文庫)
小説の中で
リアルタイムと
手紙の部分
さらに
手紙で
幼少時代の事など

同じ小説で
段階が
印象が
違った感じで

読み進めるのが
メリハリが効いている感じ。


そうそう
小説のタイトル
「最後のトリック」


ずばり
どのような描かれ方に?
インパクト大ですから

こちらに関しては
予想出来た人
読んだ人で

ほとんどいないはず?
posted by 本book at 20:49 | 兵庫 ☔ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アメトーーク読書芸人】教団X文庫本とうとう買いました。

ametalk_kyodanx_bukohon.jpg

アメトーーク「読書芸人」で紹介されていた本
今日とうとう買ってきました。
文庫本になっていました。

又吉直樹さん若林正恭さん
がおすすめしていた
教団X
という本
ametalk_kyodanx_bukohon_.jpg




ametalk_kyodanx_bukohon_1.jpg

古本屋さんで

文庫本で
買おうと思っていたけど
なかなか

買えない状態が

2019年7月6日

文庫本を探しに行って


とうとう
中村文則さん
教団X

買いました。


そういえば
図書館で
何冊か

中村文則さん
をレンタルして

読んでいます。


「教団X」
さすがに
図書館でなかったのか?

貸出中だったのか?


アメトーーク「読書芸人」
この本を紹介されていたのが

かなり前になりますから

読むのが楽しみ。



そうそうさらに
読書芸人では

R帝国

紹介されていましたよね。
posted by 本book at 14:25 | 兵庫 ☁ | アメトーーク読書芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)
人気記事