最近の記事
2012年03月25日

犬と鴉

犬と鴉 [単行本]
田中 慎弥 (著)






犬と鴉 [単行本]
田中 慎弥 (著)


内容紹介
三島&川端賞作家の最新作
空から落とされた無数の黒い犬が戦争を終わらせた。悲しみによって空腹を満たすため、私は図書館に篭る父親の元へ通い続ける。歪んだ家族の呪われた絆を描く力作
内容(「BOOK」データベースより)
戦争を通じて描かれる歪んだ家族の忌まわしき絆。鬼才・田中慎弥が到達した現代文学の真髄(『犬と鴉』)。家業を継がず一冊の本に拘泥するのはなぜか、父と息子が抱く譲れない思い(『血脈』)。定職を持たず母と二人で暮らす三十男、古びた聖書が無為な日々を狂わせる(『聖書の煙草』)。


posted by 本book at 07:35 | 兵庫 ☔ | 田中 慎弥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。