最近の記事
2012年11月17日

64(ロクヨン)

64(ロクヨン) [単行本]
横山 秀夫 (著)
昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!

2013年本屋大賞ノミネート作



64(ロクヨン) [単行本]


内容紹介
昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!
内容(「BOOK」データベースより)
警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。

2013年本屋大賞ノミネート作
64(ロクヨン) [単行本]
横山 秀夫 (著)
役立ちブログ
楽して、おいしいものゲットしよう!


【横山 秀夫の最新記事】
posted by 本book at 19:12 | 兵庫 ☔ | 横山 秀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。