最近の記事
2014年03月07日

私のなかの彼女

いつも前を行く彼と、やっと対等になれるはずだったのに――。待望の最新長篇小説。

私のなかの彼女 [単行本]


私のなかの彼女 [単行本]
角田 光代 (著)

内容紹介
いつも前を行く彼と、やっと対等になれるはずだったのに――。待望の最新長篇小説。「もしかして、別れようって言ってる?」ごくふつうに恋愛をしていたはずなのに、和歌と仙太郎の関係はどこかでねじ曲がった。全力を注げる仕事を見つけ、ようやく彼に近づけたと思ったのに。母の呪詛。恋人の抑圧。仕事の壁。祖母が求めた書くということ。すべてに抗いもがきながら、自分の道を踏み出す彼女と私の物語。

内容(「BOOK」データベースより)
男と張り合おうとするな。みごとに潰されるから。祖母の残した言葉の意味は何だったのだろう。全力を注げる仕事を見つけて、ようやく彼に近づけたのに、和歌と仙太郎の関係は、いつかどこかでねじ曲がった。心血を注いだ渾身の長篇小説。


私のなかの彼女 [単行本]
角田 光代 (著)

本のおすすめ


【角田 光代の最新記事】
posted by 本book at 06:31 | 兵庫 ☁ | 角田 光代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。