最近の記事
2014年05月31日

東野圭吾さんの「手紙」を読みました。

東野圭吾さんの「手紙」を読みました。

手紙 (文春文庫) [文庫]
東野圭吾 (著)

この「手紙」って本は
「強盗殺人犯」の家族ってことの物語です。

普段の生活から想像できない、考えることもない
もしかしたら知らずに死んでいくかも?って内容まで。

加害者の家族の想像以上の困難にあうってことのようです。


この東野圭吾さんの「手紙」を読む機会があれば
犯罪率が下がるのでは?

もちろん、東野圭吾さんがそんなこと意識して書いてるわけないのですが
そのくらい、犯罪の加害者の家族に付きまとう大変さってものが
ずーと、ずーと流れてます。

実際の生活してる中で、この「手紙」に書かれてる内容が
別世界のことでなく、もしかしたら現実世界の中に
現われてしまう可能性がゼロでないことなど
怖い内容ともいえるかも。



手紙 (文春文庫) [文庫]
東野圭吾 (著)

本ブック ドットコム
本のおすすめ
東野 圭吾 手紙


タグ:手紙 圭吾 東野
posted by 本book at 08:03 | 兵庫 ☀ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。