最近の記事
2016年07月19日

【スッキリでペヤング本?】攻めたぺヤングやきそばレシピ大人気?

【スッキリでペヤング本?】攻めたぺヤングやきそばレシピ大人気?
信じられ無ませんでしたが、2016年7月19日の火曜の日テレスッキリでは
「ぺヤングやきそばレシピ」が紹介されていました。

大人気、大注目の「ぺヤングやきそば」は知っていますが
なんと、そのまま「焼きそば」でなく、アレンジレシピが今暑いというのです。



なんと、驚きですが
ペヤング本」というレシピ本が発売され
大人気になっているようです。

「スッキリ」では、
「ぺヤングやきそば」のアレンジメニューとして
3品紹介されていました。

・ペヤングカツカレー
・ペヤング餃子
・ペヤングアラモード


「ペヤング本」からレシピを紹介しているはずですが
想定外の手間のかかった本気のアレンジメニューって感じです。

・ペヤングカツカレー
「ぺヤングやきそば」を通常通り作って
麺をそば飯的に切って、その上にカツを乗せ、カレーをかける

・ペヤング餃子
餃子を手作りで作るのとほぼ同じ感じで
中の餡として、通常の餃子の餡にペヤングの麺、ソース薬味を投入する
通常通り、餃子の皮で包んで蒸し焼きに。

スイーツ的な感覚で
・ペヤングアラモード(ちょっと細かく覚えていないですが)
「ぺヤングやきそば」を牛乳でほぐす?
ほぐした後で、牛乳を投入?どちらかで
スイーツ的になる感じに

そして、ポイップクリームやアイスなどをトッピング

想像を越した「ぺヤングやきそば」のアレンジばかりで
驚きの連続でした

逆に、「ぺヤングやきそば」がそこまで支持されていたのか?と
改めて認識できました。

そうそう、今発売中の「ペヤング本」には
かなり攻めたメニュー、アレンジレシピがあるみたいなので
まだまだ驚きメニューが載っているのかも??



そうそうあと、ペヤング本と、通常の「ぺヤングやきそば」の
大きさにもこだわりが

ほぼ同じサイズの大きさに、「ペヤング本」がなっているようです。

あと、個人的に、てっきり「ペアング」だとおもっていましたが
「ペヤング」だって、今日のスッキリ見て初めて気づきました・・・


ペヤング 激辛やきそば 118g×18個

posted by 本book at 08:46 | 兵庫 ☀ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)