最近の記事
2016年12月15日

【厚切りジェイソンさんの本】新刊、ジェイソン式英語トレーニング

お笑い芸人「厚切りジェイソン」さんの本が出版されたの知りました。
英語の本のようです。

もうすっかり、お笑い芸人の枠を超えて

コメンテーターとして
情報番組や、ニュース番組にも出演されていますよね。「厚切りジェイソン」さん

アメリカ人の考え方、物の見方を
コメントを聞いていると、日本との違いが何か見えてくる事があったりしますね。



ジェイソン式英語トレーニング 覚えない英英単語400
厚切りジェイソン

まだ、30歳という事みたいなので
厚切りジェイソンさんの発言から

より、最近のアメリカの人の意見が知れるような気がしています。

今まで、パックンなど
日本に来て長い人の意見が、日本とアメリカの間の問題の時など

コメンテーターとして出演されていましたが

そろそろ、若い世代という事で
厚切りジェイソンさん、よくテレビ出ているような気がしますが。

厚切りジェイソンさんが、日本に来て
英語の勉強の本出すって

逆の事を考えると
日本人が、アメリカに行って生活して
アメリカで、日本語の勉強の本出すって事を考えると

すごさ、大変さが実感できるかも

英語のニーズと、日本語のニースにも
差がありそうな予感も・・・

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)
posted by 本book at 06:48 | 兵庫 ☔ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)