最近の記事
2018年01月08日

【罪の声】アメトーーク読書芸人光浦靖子おすすめ本感想は?

アメトーークで光浦靖子さんが紹介していた本「2017年」
「罪の声」塩田 武士
読み終わりました。
20180108_tumino_koe.jpg




20180108_tumino_koe1.jpg

1回「罪の声」読んだ感想は
ちょっと登場人物、相関関係が
読み進めていると、ちょっと半信半疑になって
記憶と、登場人物の名前とか


今登場しているのが誰で
誰かと間違っていない?勘違いしていないって?

その感じを抱えたまま
最後まで「罪の声」読み切りました。


アメトーークで光浦靖子さんが紹介していた
東野幸治さんも絶賛していた本
「罪の声」塩田 武士

2回読もうと思って
1回目が読破できたので

もう一度、最初から
「罪の声」を読み直しています。

次は、しっかり人物名
相関関係を意識しつつ

名前と登場人物がリンクするように

1回目の読んでいる時より

しっかり内容を理解できるように

読み進めている最中になります。


テレビで光浦靖子さん、東野幸治さんが
この本「罪の声」の概要を紹介している様子で
自分の中で想定していた
本の内容と

実際に読んでみた感じで

かなり受けた印象と読んでみての印象
かなり違っていた感じです。

すごく「罪の声」という本を
おすすめしている状況、感情が

実際に読んでみて納得できる本であると

認識できました。

罪の声

本読みなれていないから?
「罪の声」の登場人物

相関図などはっきり記憶、頭に描かれなかったの?

言葉が間違いですね、
描かれなかったという事でなく
記憶できなかった??

人物の相関図が

せっかくの考えられたストーリー内容が

しっかり読み取れないってもったいない。

そのため
次こそ、しっかり意識しながら
「罪の声」を読み進めている最中です。

2017年「読書芸人」で紹介されていた本になります。






やっぱりアメトーークで紹介されないと
読む事がなかったはず、出会えない一冊だったと思います。

テレビなどで、本の紹介小説の取り上げられているのしっかり見ておく必要がありますね。
きっかけにもなりますから


posted by 本book at 09:21 | 兵庫 ☁ | アメトーーク読書芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。