最近の記事
2018年01月08日

【湊かなえ】「物語のおわり」文庫本に紀伊国屋で知って、「母性」

紀伊国屋の前を取った時に、「湊 かなえ」さんの本が
文庫本になったって分かりました。

今回文庫本になったのが
「物語のおわり」という本


湊 かなえ」さんの本かぁ・・・
ちょっと気になったので

紀伊国屋の店内で
文庫本を見つけて

どうしようかなって・・

そういえば

たしか、前回「湊 かなえ」さんの本読んだのは
「母性」というタイトルの本です。


文庫本で読みました。

あくまでも個人的な感想ですが

この「母性」という本

ただただ、悲しい・・・
切ない・・・
うーん、暗い感じのまま


終了してしまったような感じで・・・

そっか、もしかして

湊 かなえ」さん本って

個人的に合わない??

いや、もしかして「母性」という本が
合わなかった??

ちょっと
「湊 かなえ」さんどうかなって・・・

ちょっと迷ってしまったので

他の文庫本でも見てみようと思って

探してみた感じで

まだ読んだことない作家さんの本

西 加奈子さんの本

アメトーーク読書芸人でも
たびたび取り上げられている

サラバ!

文庫本では
上、中、下
の3つに分かれているようです。

確かハードカバーでは
上と下の2巻だった??

今日は、
西 加奈子さんの本
「サラバ!」の上

のみ文庫本買ってみました。



文庫本なので電車の中でも読みやすそう

西 加奈子さんの本まだ読んだことなくて

この本「サラバ!」を読むの楽しみです。

「サラバ!」を読み始めてみて
内容、ストーリーで

作者は、男性?女性?って

西 加奈子さんの本という事で

そっか内容的に

どちらの人が書いているのかって

意識して、その意外性、ギャップを

個人的に
感じてしまう展開に・・・

ほんの作者が
男性だから
女性だから

この内容に、このような描写にって

この考え方って
皆さん同じ様に本を読む時

意識される部分かなって?ちょっと疑問に感じながら・・・
posted by 本book at 12:25 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)