最近の記事
2018年02月14日

【西加奈子】文庫本「サラバ!」の「下」最終巻あっという間に

西加奈子さんの「サラバ!」文庫本の「下」
上、中、そして、最終巻である
「下」
あっという間に、読み終わってしまいました。
20180214_nishikanako_saraba.jpg


20180214_nishikanako_saraba1.jpg


20180214_nishikanako_saraba2.jpg

「サラバ!」の内容がそう思わせたのか?
最終巻なだけに
それとも
ハードカバーの本の本では
上、下だったものを

文庫本のために

上と中と「下」に分けたから?

物理的に少なかった?「下」ではって?

ほんとに
あっという間に読めてしまったので

色々考える事になりました。

本を読むにあたって
作者が、男性か、女性か
個人的には意識して
その文章を書いている人が
どちらで、そのため
このような内容に、文章に、表現になっているのかっていう事を感じたりして
居たりする部分がありますが

今回のサラバ!に関しては
西加奈子さんの本
女性が書かれた小説という事で

内容が「逆」に新鮮に
インパクト大に感じてしまったり

怒涛の展開
まさか?覆される事の連続で

アメトーークの読書芸人で
この西加奈子さんの本
「サラバ!」を知ったのですが


読むきっかけとなったのですが

主人公に感情移入してしまって
色んな感情を
この本を読む事で
味わう事が出来た感じ

本を読まなければ、感じる事ができない
想像すらできない事が

サラバ!」の主人公には
いろいろ、続々と起こって

女性が書いた本であるって

この点でもビックリしてしまう事が多々あって・・・・

そっか、ちょっと気になったので
「西加奈子」さんの名前でネットで検索してみて

Wikiペディア少し見たけど

そうかぁ・・・

この本の原点というか
「サラバ!」

「西加奈子」さん
生まれた場所、育った場所が

やっぱり、自身が体験、経験
生きてきていないと書けないような内容になっていたので

個人的に凄く納得

という事は、

小説内での
ストーリー、内容に関しても
経験値、そこから派生したものと考えると

リアリティがある、
知らないかった、見た事ない部分って事が

読み側にとって
入り込んでしまう、感情移入してしまう事の要因なのかも?

サラバ! 下 (小学館文庫)

文庫本という形で「サラバ!」を
手軽に、電車内でも
持ち運びが楽な状態で
出会えてよかった感じ

外国の様子、生活がどうなっているのかって
垣間見れる
「サラバ!」になっているのも一つの魅力だと思います。
こちらもWiki見て納得「西加奈子」さんの
posted by 本book at 04:24 | 兵庫 ☁ | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)