最近の記事
2018年05月29日

【中国人考え方の違い?】ルポ中国「潜入バイト」日記を西谷格の本

中国人の方の考え方って?マナーとか、いろいろ注目されていますが
気になっていますよね。どんな考えがあるとか、日本人とどう違うかって?
読売テレビ「そこまで言って委員会」という番組で
辛坊治郎さん、渡辺真理さんがMCの番組です。
China_diary_baito.jpg


China_diary_baito1.jpg

読売テレビ「そこまで言って委員会」に
ルポ 中国「潜入バイト」日記」という本を書いた人が出演されていました。

西谷格さんという方が実際に中国に行って
いろいろ体験して来たって本みたいなんです。

そうそう、その前にお名前
西谷格さんって、「格」という文字を、「ただす」って読むみたいです。ちょっと驚き。


それより、そうです、日本全国で
中国人観光客の人、日本に住んでいる中国の方
いらっしゃって、そうそうあとは政治的な面でも


中国っていろいろ世界と衝突、批判されるようなことが
多々あるんだなって

でも、なぜ?どうしてそんな事を中国がするとか

どう思っているとか、考え方とか、行動には何があるのかなって?


小さな面では、マナーとか、になるのかと

中国人の方って
どのようなタイプの人か知りませんよね。

そんな中、
西谷格さんが
「ルポ 中国「潜入バイト」日記」本の為に
書くために

実際に中国で生活して来たって事を書いてくれている本みたいなんです。

気になっていたので
買ってみました。


まだ途中なんですが
もっと中国について、中国人の方の考え方などが

少しでも理解できればって考えです。

ルポ 中国「潜入バイト」日記 (小学館新書)

中国人は雑巾と布巾の区別ができない (宝島社新書)

朝の情報番組「とくダネ」で中国ネタとして
マナー、食事の「食べ放題」だった?紹介されていました。
中国人の方が確か大阪の食べ放題でマナーがトラブルに?

意識、感覚が違うから
日本の人と、中国の人
ルポ 中国「潜入バイト」日記」を読んで

同じ感覚価値感では
ちょっと厳しいのかも??

違いが、感情が違い過ぎるからって感じてしまうはず。

でも、どうすれば

マナー、トラブルが無くせるのかって?

そこまでは・・・正直分かりません・・・・


飲食店で、お寿司屋さんで中国のアルバイトするって
日本の人が、中国という国で。
中国人の人と一緒にお寿司屋さんで働くって

この「ルポ 中国「潜入バイト」日記」であるんですが

ちょっと、というか、全く
日本の人から考えられない事が沢山あり過ぎて・・・

もしかして「そのお店」だったから?と考えるにしても

食に対する姿勢、安全性が

中国と日本違いがあり過ぎて・・・

おなじ「ものさし」判断ができないって・・・・


「とくダネ」の食べ放題マナー問題
日本で、中国の人の、
トラブルもやっぱり、解決策がなさそう・・・・

★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜
んん、中国の人の考え方、マナーがいろいろ注目されている感じですが
海外の国との外交、日本と他の国のやり取り交渉を見ていても
アメリカとか、韓国などを見ても

どうも日本が上手く外交出来ているように見えないですよね。
って事は、中国の考え方、どんな意識って理解しづらいって思っていたけど
「中国」限定って訳でなさそうですね。
他の国とも、アメリカとか韓国においても

日本と国と国の交渉において
上手く進めていない、前向きな議論みたいなの
日本の意思、意見が上手く伝えられていない、理解されていないって見えますよね。


どうやって国と国との約束とか、決まりとか決定しているんだろう?
考え、意識、重要視しているものが違うはずの
日本の意見考えが採用、理解されている機会が少ないように見えるけど・・・・
posted by 本book at 09:41 | 兵庫 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)