最近の記事
2018年08月31日

【ジャッジメント小林由香】評価ネタバレ「第四章フェイク」感想

「ジャッジメント」小林由香さんの本「第四章 フェイク」を読んでみました。
評価ネタバレ、感想など書いてみたいと思います。

この章の「復讐法」はどのような
選択者が選ばれているのか?
そして「復讐法」選択して、自分の手で実行できる?

「第四章 フェイク」では
子供同士のけんかの仲裁に
孫を防ごうとして、その拍子に
相手の子供が・・・

祖母が「復讐法」の対象に
そして、選択者が転落してしまった「母親」

祖母が普通の女性でない。
未来を予言、予知できる能力がある??

これについては本当?半信半疑ですが

かなり有名で、警察、法務省に信者がいる隠れ

どうかかわってくるのかって?事が注目ポイント


「母親」は「復讐法」を選択する。
迷いがないようです。
実行できるのかポイントですね。

同じ場所で
という事で
屋上で「復讐法」を実行される事に。

孫を守ろうとした「祖母」
被害者の母親


選択するまでの迷いが
「復讐法」に
「第四章 フェイク」では

問題にならないようです。


という事は、その先


決行、実行時に何かある??

未来を予言、予知できる能力がある?祖母の存在は?

ジャッジメント (双葉文庫)

被害者と母親の間には
「虐待」というものがあったようです。

ドラマでもよくこの事については
取り上げらている感じ

この「ジャッジメント」小林由香さんの本「第四章 フェイク」でも

それが

「復讐法」が実行される場所で

未来を予言、予知できる能力がある?「祖母」によって
明らかにされ

なぜ?どうして?


そして
まさか?

子供同士の争いに
その原因にも

母親からの「虐待」が
きっかけに


別の面から?
別の力を使って?
未来を予言、予知できる能力がある?「祖母」が知る事になったのは?

そして追いつめられてしまった

被害者の母親が

「復讐法」を実行せずまさかの・・・・





posted by 本book at 04:25 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。