最近の記事
2018年09月25日

【西加奈子】「舞台」感想レビュー「サラバ」との違いなど注目

西加奈子さん「舞台」という本。小説になります。
「サラバ」という本を読んだことがあります。西加奈子さん本。
アメトーークの読書芸人で紹介されていたので

2冊目となる
西加奈子さん「舞台」どんな感じの小説に?
「サラバ」との違いなどあるかな?感想レビューしてみたいと思います。
butai_nishi_kanako_shosetsu201809.jpg




西加奈子さんの本読むの2冊目になりますが

もしかして「サラバ」と似た感じ?
あるような??


もしかして、特徴とかになるのかな?

まだ2冊目ですが

どんな感じの、展開の本を書くって

作者の人によって、その人が持っている
文って共通点とかあるのかな?

偶然というか、あくまでも
男性の苦悩的な部分が

中心になっているからかも??


個人的に本を読む時に
どんな人が書いている?作者は?
男性?女性?

その人によって

この文章が書かれているだって
納得したり、逆に驚いたりする感じ。

先入観っていう部分かと思います。

西加奈子さんが、男性が主人公について

そういえば、「舞台」でも「サラバ」でも。


女性から
小説の中で男性をこのように描くんだって。


悩んだり、いろいろ考えすぎてしまうって
「舞台」の主人公。

アメリカが舞台という事で。

読んでいると心配になって来る感じ。

もしかして、さらに??

もっと悪い展開になってしまうのではって?心配になります。


どんどん進んでしまう、

そっか、その点でも

「サラバ」主人公の男性についても。


本を読んだ人、どんな感情で
西加奈子さん「舞台」を

読んだのかな?

苦悩する様子、困っている様子を


うーん、引いて
第三者的な視点で?

もしくは、

主人公に入り込んで?


個人的には、
主人公の苦悩、考え方など

共通する点、共感できる点などあるから

小説を読んでいて

うーん、何とも言えないような・・・



西加奈子さんの小説って
2冊読みましたが、このような感じのストーリー内容が多いのかな?

本を読んで辛くなる、悲しくなるような

それを共感したり、引いて考えたり、

また別の作品も、読んでみたいような?別の展開、ストーリーが見てるような期待も


posted by 本book at 15:52 | 兵庫 ☔ | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。