最近の記事
2018年10月06日

【歪笑小説】東野圭吾感想ネタバレ「夢の映像化」実体験が現実に

東野圭吾さんの「歪笑小説」について感想レビューをしてみたいと思います。
二つ目の「夢の映像化」について
短い小説が12個も
東野圭吾さんの「歪笑小説」掲載されています。

二つ目の作品になります。
「夢の映像化」

どのくらいの感じでこの小説を読み進めていくのか?
探り探りながら、徐々に
実際の東野圭吾さん体験とか、あとはフィクションとかが
higashino_keigo_waisho_shosetsu_201809_1.jpg



「夢の映像化」では

小説家の人にとっては

目標の一つになるはず。


さらに本が売れるとか、知名度がアップするとか


小説が「映像化」されるって事により


読み進めていく中で

たしかに実際にこのような事を感じそう、ありそう。


小説を書いた側からの考え

どんな感じで
「映像化」されるのか?


どこまで権限というか、意見が尊重されるのか?


それと、編集者の立場からの考え、
小説「映像化」に対しての
今までの実例、実際の事を見ているので


ギャップがあるって所が

「歪笑小説」
「夢の映像化」では読みどころ




たしかに小説を書いた側から

映像化になるって事が

嬉しい事、どれくらい意見とか、考えが反映されるのか?


著者である
東野圭吾さん考えも入っているのかなって?

体験、経験も?

映像化になるために、キャスト、出演者については


歪笑小説 (集英社文庫)

たしかに小説を読んでいると

たしかにそう思うはず、考えるはず

小説家としての立場でも、そう思いますって感じ


冷静な、今までの経験上から

編集者、出版社が現実の流れを冷静に


それが正しいのか?正しくないのか?

流れを、エンタメを理解できているのか?という事も


小説がテレビドラマになるとか、
映画になるとか
毎日のように注目されていますよね。

その裏には

東野圭吾さんの「歪笑小説」
「夢の映像化」のような事が

あるのかも??
posted by 本book at 12:21 | 兵庫 ☁ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)