最近の記事
2018年10月07日

【歪笑小説】東野圭吾感想出版社編集者と小説家との関係が内容から

東野圭吾さんの小説「歪笑小説」という作品。
全体の感想レビューしてみたいと思います。
個別の短編小説については、個別にレビュー他の記事でしてみたいと思いますので

内容的にフィクションのはずですが
全てがすべて作り話でないようにも
「歪笑小説」を読んだ人も感じたはず。

小説家と編集者との関係性。

そして出版社との関係。
100%でないにせよ、ある程度「歪笑小説」が
全体的には、どのような関係なのか知るきっかけとしても

higashino_keigo_waisho_shosetsu_201809.jpg




そういえば、小説家の人が編集者の人とどのようなやりとりが

そして、出版社との間の関係って

そうそうさらに、小説家同士のやり取り
コミュニケーション的なものって

どうなっているんだろうって?

今までの人生で考えた事、想像した事もなかったけど。


「一端」でもあくまでも

東野圭吾さんの小説「歪笑小説」から


もしかして、一端一端が
ちりばめられているのかも?

東野圭吾さんが実際に経験
体験した事、そして小説家として活動していく上の中で

出版社、編集者との間で。


そういう関係性でいえば
映画でも佐藤健さん神木隆之介さん主演の


映画「バクマン。」
こちらの映画は
漫画の、コミックを
ジャンプに掲載されるまでの

掲載されてからの

新人の
漫画家がどのように
ジャンプに掲載されるようになるのかという流れが

分かる楽しめるようなエンターテイメント作品。


東野圭吾さんの小説「歪笑小説」を読んだ人は

おそらく
映画「バクマン。」を連想した人多いのでは??


小説と漫画との違いがあるけど


未知の世界である
出版社、編集者と小説家

漫画家

どんな感じの

人間関係に、売れるまで

どうやっていくんだろうって?





小説家を目指している人
なりたいと考えている人

または、出版社に、編集者になりたい人には

この作品、小説を通して

東野圭吾さんの「歪笑小説」を読む事で

少しは体験できる、経験できるような

知る事ができるような、きっかけづくりにも



そうそうこの東野圭吾さんの「歪笑小説」を読んでいて

図書館で借りた本で
読ませてもらいました。

そっか、そうですよね、小説内でもありましたが

小説家の人に

図書館で借りた本を読んでしまうって事は・・・・

小説を書いた報酬が回っていかないって事が・・・・
posted by 本book at 17:53 | 兵庫 🌁 | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)