最近の記事
2018年10月13日

【白銀ジャック】東野圭吾感想レビュー最後の結末は想像できない

東野圭吾さんの小説「白銀ジャック」読み終わりました。
最後の展開は、全然想像すらできない感じの展開で驚き。
ラストは読むが止められないほど、一気読みできました。

そうそう頭では映画「疾風ロンド」の登場人物
阿部寛さん、大倉忠義さん、大島優子さんが


小説の「白銀ジャック」で
どの役なんだろうって、別の作品なんですが
それを考えつつ。
hakugin_jack_higasino_keigo_201809_1.jpg





東野圭吾さんの小説「白銀ジャック」感想レビューを書いてみたいと思います。
スキー場が舞台という事で

スキー、スノーボードの楽しさ
スポーツとしての魅力みたいなものが
小説「白銀ジャック」でしっかり描かれている感じ。

スキー場経営の大変さ、厳しさというものが

本を読みつつ実感できたり。
たしかに現実世界でも

厳しい状況だろうなって思いつつ

そのスキー場で勤務している人達が

考え付かないほど大変なお仕事って事が

良く分かりました。


東野圭吾さんの小説「白銀ジャック」
の最大の見所、関心事が
身代金を要求しているのって

犯人は誰って?

そしてなぜ?

たしかに、読んでいく中で
色んな候補者がいましたが


全然、想像できない展開、ストーリーで
大満足出来た作品、小説になっていました。

さらに映画「疾風ロンド」を映画館で見たけど
内容的に、ストーリーってどんなだっけ?
阿部寛さん、大倉忠義さん、大島優子さんなど出演者は覚えているけど

全然記憶していなくて

小説「白銀ジャック」との違いとか

そこまで意識して読む事が出来なかった感じ。





スキー場で
スキーに、スノーボードって
楽しいスポーツ競技であるって認識出来た反面

常に危険な事も
人と人の衝突とか、ぶつかってしまうとか

あとは、自然な驚異も。

雪崩とか、自然環境も

それを
スキー場の人が

管理しなくてはいけないって
すごい環境なんだなって


東野圭吾さんの小説「白銀ジャック」の登場人物の名前と

「疾風ロンド」の映画で見た方の
同じ登場人物の名前があって

東野圭吾さんの小説の小説の前後関係でいうと
ネット情報では

1.白銀ジャック

2.疾風ロンド
この順番になっているようです、ネット上の情報だから半信半疑な事かも??
posted by 本book at 19:06 | 兵庫 ☀ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)
人気記事