最近の記事
2018年11月09日

【中村文則】小説「私の消滅」感想評価は?登場人物意識して読み

中村文則さん小説「私の消滅」を読み終わりました。
ネットで知りましたが、アメトーークで紹介された事があった小説だったんですね。

中村文則さんの教団Xの紹介されているのは
又吉直樹さん、若林正恭さんがおすすめされていたの知っていましたが。

中村文則さん「私の消滅」の感想を書いてみたいと思います。
nakamura_fuminori_watashino_shometsu.jpg




「私の消滅」を読んだ人は
混乱する?

これは誰の事を

誰目線で

これがポイントで。楽しめるっていう事かも。

しっかりと意識していないと


個人的に、「私の消滅」を読み終わって
ちゃんと意識して
登場人物の誰が今

どの人が対象になっているのか?


中村文則さん小説の読みどころ
ポイント楽しめた??
不安になったので

もう一度しっかり登場人物を意識して

読みたいと思います。


そうそう、先日読んだ
東野圭吾「宿命」という小説が連想されました。

人間の脳に対して
脳神経外科が

今回の
中村文則さん小説「私の消滅」では

精神科のドクターによって

どのように

いい方向に人間を


もしくは逆の方向にも?

どうなって、どうして・・・

色々考えながら

そしてやっぱり
小説「私の消滅」

中村文則さんがどのような意図

読み手に

を考えながら
読み進める事ができました。


そうそう
中村文則さんが
1977年生まれという事で
ネット上の情報では


もしかして、小説を読む人の年代によって

小説「私の消滅」の感じ方

内容についても

どんなイメージ、印象を持つのか?

実感として

実体験として


その違いがありそう。

小説内の事柄が

いつ生まれた人か?によって

よりリアルに

見える読み取れる。




それによって

中村文則さん小説「私の消滅」の

精神科ドクターの
行動を

捉える事が出来そうな予感。


posted by 本book at 08:39 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。