最近の記事
2017年01月31日

【村上春樹の新作】「騎士団長」の発売でまた行列に?紀伊国屋も

2017年2月24日に、村上春樹さんの新作
騎士団長殺し
第1部 顕れるイデア編
第2部 遷ろうメタファー編


発売が既に話題になっていますが
紀伊国屋の梅田でも
ポスターを発見しました。

0131_kisidan.jpg


2017年2月24日楽しみですよね。

そうそう、本のタイトル
「騎士団長殺し」

第1部 顕れるイデア編
第2部 遷ろうメタファー編
これって何て読むの・・・

分かりません・・・

検索してみると

顕れるあらわれる
遷ろううつろう

このように読むみたい

パッと読める人、意味分かる人って
どれくらいいるんだろう??

村上春樹さんの新作で

この文字の読み方も

結構話題に、ネットで検索されそうな予感も・・・





本屋さんの行列の様子を
「騎士団長殺し」を求める人達で

テレビで紹介されるはず
posted by 本book at 07:30 | 兵庫 ☔ | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月22日

女のいない男たち 村上春樹

紀伊国屋 新宿でも
村上春樹さんの新しい本が出るって
広告だされてました。
発売日 2014年04月18日


女のいない男たち
村上春樹

村上春樹9年ぶりの短編集

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」から1年

発売日 2014年04月18日ということは
間もなく、村上春樹さんの9年ぶりの短編集が発売されるってことですね。


女のいない男たち
村上春樹

村上春樹9年ぶりの短編集

「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」「女のいない男たち」。表題作は書き下ろし。

本のおすすめ
posted by 本book at 04:33 | 兵庫 ☁ | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月06日

サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3

サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3 [ハードカバー]
村上 春樹 (著), 大橋 歩 (イラスト)




サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3 [ハードカバー]
村上 春樹 (著), 大橋 歩 (イラスト)

内容紹介
男がオムレツを作るとき、どんな風景がいちばんふさわしいでしょう?
おたくの猫には、音楽の好き嫌いがあると思いますか?
村上春樹さんは占い師として、はたして大成したでしょうか?etc.
最新のムラカミ情報満載! の「村上ラヂオ」第三作。
雑誌アンアン連載中は、“猿もカモシカも狸も、わざわざ山を下りて「アンアン」を毎週買いに来た"というほどの人気ぶり、とか。
くれぐれも読み逃しのないよう、よろしくおねがいします。
内容(「BOOK」データベースより)
男がオムレツを作るとき、どんな風景がいちばんふさわしいでしょう?おたくの猫には、音楽の好き嫌いがあると思いますか?村上春樹さんは占い師として、はたして大成したでしょうか?最新のムラカミ情報満載の「村上ラヂオ」第三作。

映画DVD@パーク
映画 DVD@MOVIE広場
家電・ゲームせどりのセドラーの救世主
パチンコ革命・勝ち組完全マニュアル
posted by 本book at 13:39 | 兵庫 | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月17日

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [単行本]
村上 春樹 (著)





色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [単行本]
村上 春樹 (著)

単行本: 376ページ
出版社: 文藝春秋 (2013/4/12)
言語 日本語
ISBN-10: 4163821104
ISBN-13: 978-4163821108
発売日: 2013/4/12


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [単行本]
村上 春樹 (著)



本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 08:02 | 兵庫 ☁ | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月31日

アンダーグラウンド

アンダーグラウンド (講談社文庫) [文庫]
村上 春樹 (著)





アンダーグラウンド (講談社文庫) [文庫]
村上 春樹 (著)

出版社/著者からの内容紹介
村上春樹が追う、地下鉄サリン事件。
迫真のノンフィクション、書き下ろし。

1995年3月20日、晴れ上がった初春の朝。まだ風は冷たく、道を行く人々はコートを着ている。昨日は日曜日、明日は春分の日でおやすみ──連休の谷間だ。あるいはあなたは「できたら今日くらいは休みたかったな」と考えているかもしれない。でも残念ながら休みはとれなかった。
あなたはいつもの時間に目を覚まし、洋服を着て駅に向かう。それは何の変哲もない朝だった。見分けのつかない、人生の中の一日だ……。
変装した五人の男たちが、グラインダーで尖らせた傘の先を、奇妙な液体の入ったビニールパックに突き立てるまでは……。

--このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。
内容(「BOOK」データベースより)
1995年3月20日の朝、東京の地下でほんとうに何が起こったのか。同年1月の阪神大震災につづいて日本中を震撼させたオウム真理教団による地下鉄サリン事件。この事件を境に日本人はどこへ行こうとしているのか、62人の関係者にインタビューを重ね、村上春樹が真相に迫るノンフィクション書き下ろし。

本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 16:50 | 兵庫 ☁ | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月28日

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです [ペーパーバック]
村上 春樹 (著)





夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです [ペーパーバック]
村上 春樹 (著)

内容紹介
13年間の内外のインタビュー18本を収録。なぜ書くのか、創作の秘密、日本社会への視線、走ることについてなどを語りつくす。
内容(「BOOK」データベースより)
村上春樹が語る村上春樹の世界。日本と海外メディアからのインタビュー18本を収録。

本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 14:46 | 兵庫 ☀ | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月01日

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1 [単行本]


村上 春樹 (著)







1Q84 BOOK 1 [単行本]
村上 春樹 (著)


内容紹介
1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。
そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である。
そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。
私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。

Book 1
心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。

Book 2
「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。
内容(「BOOK」データベースより)
「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。


厚生書店
本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 08:19 | 兵庫 ☁ | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年01月04日

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです [ペーパーバック]

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです [ペーパーバック]
村上 春樹 (著)





夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです [ペーパーバック]
村上 春樹 (著)


内容紹介
13年間の内外のインタビュー18本を収録。なぜ書くのか、創作の秘密、日本社会への視線、走ることについてなどを語りつくす。
内容(「BOOK」データベースより)
村上春樹が語る村上春樹の世界。日本と海外メディアからのインタビュー18本を収録。


本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 08:38 | 兵庫 🌁 | 村上 春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)