最近の記事
2012年06月30日

清須会議

清須会議 [単行本]
三谷 幸喜 (著)



清須会議 [単行本]
三谷 幸喜 (著)


内容紹介
生誕50周年記念「三谷幸喜大感謝祭」のラストを飾る、満を持しての書き下ろし小説、遂に刊行! 信長亡きあとの日本の歴史を左右する五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いと驚きとドラマに満ちた、三谷印の傑作時代エンタテインメント!

日本史上初めての会議。「情」をとるか「利」をとるか。
本能寺の変、一代の英雄織田信長が死んだ。跡目に名乗りを上げたのは、柴田勝家と羽柴秀吉。その決着は、清須会議で着けられることになる。二人が想いを寄せるお市の方は、秀吉憎さで勝家につく。浮かれる勝家は、会議での勝利も疑わない。傷心のうえ、会議の前哨戦とも言えるイノシシ狩りでも破れた秀吉は、誰もが驚く奇策を持って会議に臨む。丹羽長秀、池田恒興はじめ、会議を取り巻く武将たちの逡巡、お市の方、寧、松姫たちの愛憎。歴史の裏の思惑が、今、明かされる。
著者について
1961年7月8日東京生まれ。脚本家。日本大学芸術学部演劇学科卒業。在学中の83年に劇団「東京サンシャインボーイズ」を旗揚げ。94年「東京サンシャインボーイズの<罠>」の公演をもって30年の充電期間に入った。以後、脚本家としてテレビドラマ・舞台・映画と多方面で執筆活動中。


映画 DVD市場
映画 DVD鑑賞ブログ


posted by 本book at 16:29 | 兵庫 ☔ | 三谷 幸喜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。