最近の記事
2014年07月17日

第151回 直木賞の候補作 2014 本屋さんのダイアナ

第151回 直木賞の候補作 2014
本屋さんのダイアナ [単行本]
柚木 麻子 (著)

私の呪いを解けるのは、私だけ――。すべての女子を肯定する、現代の『赤毛のアン』。
「大穴(ダイアナ)」という名前、金色に染められたバサバサの髪。

自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界と彩子だけが光を与えてくれた。
正反対の二人だけど、私たちは一瞬で親友になった。

そう、“腹心の友”に――。自分を受け入れた時、初めて自分を好きになれる! 試練を越えて大人になる二人の少女。最強のダブルヒロイン小説。



第151回 直木賞の候補作 2014
本屋さんのダイアナ [単行本]
柚木 麻子 (著)

本のおすすめ

第151回 直木賞の候補作 2014
私に似た人
貫井徳郎

男ともだち
千早茜

破門 (単行本)
黒川博行

ミッドナイト・バス
伊吹有喜

満願 米澤 穂信

第151回 直木賞の候補作 2014
本のおすすめ
posted by 本book at 06:32 | 兵庫 ☁ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第151回 直木賞の候補作 2014 満願

日テレ zip ブックランキング
第151回 直木賞の候補作 2014

満願 [単行本]
米澤 穂信 (著)

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。




日テレ zip ブックランキング
第151回 直木賞の候補作 2014

満願 [単行本]
米澤 穂信 (著)

本のおすすめ
posted by 本book at 06:25 | 兵庫 ☁ | 米澤 穂信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月14日

村上海賊の娘 上巻

村上海賊の娘 上巻 [単行本]
和田 竜 (著)

和睦が崩れ、信長に攻め立てられる大坂本願寺。

海路からの支援を乞われた毛利は村上海賊に頼ろうとした。
その娘、景は海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女だった…。





村上海賊の娘 上巻 [単行本]
和田 竜 (著)



村上水軍(むらかみすいぐん)は、日本中世の瀬戸内海で活動した水軍(海賊衆)である。
その勢力拠点は芸予諸島を中心とした海域であり、
後に大まかに能島村上家、来島村上家、因島村上家の三家へ分かれた。

本のおすすめ
posted by 本book at 04:22 | 兵庫 ☔ | 和田 竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年06月02日

東野圭吾さんの「探偵倶楽部」を読みました。

東野圭吾さんの「探偵倶楽部」を読みました。

この「探偵倶楽部」って本は
短編集が5つ入ってます。

その短編集では、「探偵倶楽部」と言われている
人達が活躍するというものです。

短編集ってことで、読みやすいですね。

1冊で5つの物語読めるのお得と思います。




東野圭吾さんの「探偵倶楽部」を読みました。

本ブック ドットコム
本のおすすめ

文庫
posted by 本book at 06:27 | 兵庫 | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月31日

東野圭吾さんの「手紙」を読みました。

東野圭吾さんの「手紙」を読みました。

手紙 (文春文庫) [文庫]
東野圭吾 (著)

この「手紙」って本は
「強盗殺人犯」の家族ってことの物語です。

普段の生活から想像できない、考えることもない
もしかしたら知らずに死んでいくかも?って内容まで。

加害者の家族の想像以上の困難にあうってことのようです。


この東野圭吾さんの「手紙」を読む機会があれば
犯罪率が下がるのでは?

もちろん、東野圭吾さんがそんなこと意識して書いてるわけないのですが
そのくらい、犯罪の加害者の家族に付きまとう大変さってものが
ずーと、ずーと流れてます。

実際の生活してる中で、この「手紙」に書かれてる内容が
別世界のことでなく、もしかしたら現実世界の中に
現われてしまう可能性がゼロでないことなど
怖い内容ともいえるかも。



手紙 (文春文庫) [文庫]
東野圭吾 (著)

本ブック ドットコム
本のおすすめ
東野 圭吾 手紙
タグ:手紙 圭吾 東野
posted by 本book at 08:03 | 兵庫 ☀ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月16日

東野圭吾さんの「私が彼を殺した」を読みました。

私が彼を殺した (講談社文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)

東野圭吾さんの「私が彼を殺した」を読みました。

この本を読み終わるとすぐGoogleで検索したくなりました。

他の方も、絶対、結末をしりたい一心で
検索せずにいられないはずです。

恐らく、絶対、最後の結末はできない?違う人を犯人って
思うのではないかと。

私自身が、「この人が」って思った人と、検索の結果
ヒットしたサイトでの結末とでは、全く掠りもしてなかったです・・・


この本(私が彼を殺した)のように、本当に最後の最後に
犯人を明記しない終わり方している本って、私は初めて読みました。

この文を読み終え、再度、2〜3ページをもう一度読み直したりしましたが
犯人が分からず、ネットで検索するという衝動に駆られました。

ネットで検索する限りでも、やはりこの本を読み終えた人は
犯人は??って、内容のサイト多数ありました。


東野圭吾さんの「私が彼を殺した」のインパクト大でした。
たぶん、一生忘れない内容の本として、心に刻まれた感じあります。



私が彼を殺した (講談社文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)
本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 06:08 | 兵庫 ☁ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野圭吾さんの「夜明けの街で」を読みました。

夜明けの街で (角川文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)


東野圭吾さんの「夜明けの街で」を読みました。

この本の主人公とほぼ同じ歳なので
すごくこの本(夜明けの街で)の内容に入り込んでしまいました。

入り込んでしまった内容とは、「不倫」ということです。

冷静な所、冷静でなくなった部分、
周りの人の反応、不倫相手の過去などなど。

綱渡り的に、ハラハラ、ドキドキしながら
読み進める事ができました。



結果的に、女性が強いって事でしょうか?
この部分については、主人公の妻と不倫相手の女性の二人について
言えると思います。


夜明けの街で
幸福な家庭で起きた殺人事件。まもなく時効を迎える。僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。



夜明けの街で (角川文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)
本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 05:55 | 兵庫 ☁ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月06日

東野圭吾さんの「悪意」読んでみました。

悪意 (講談社文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)

東野圭吾さんの「悪意」読んでみました。

読み始めて、「加賀恭一郎」のシリーズ物って事を知りました。
「加賀恭一郎」さんの前職などの話があり、少し得した気分に。

「悪意」自体の内容的には
「ああ、やっぱり」、「彼が怪しい」、「やっぱり、こちらか?」って
東野圭吾さんの狙い通り?に、こっち、あっちに、気持ち、展開が
ぶるんぶるんって、流されまくります。

結末が「意外」、「まさか」なので
とても、この「悪意」って本
読む価値がたくさんありそうです。





「悪意」
人はなぜ人を殺すのか。・・・・

加賀恭一郎シリーズ 東野圭吾 悪意
本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 05:53 | 兵庫 ☁ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野圭吾さんの「変身」読んでみました。

変身 (講談社文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)

東野圭吾さんの「変身」読んでみました。

東野圭吾さんの本、何冊か読んでますが
この「変身」ほ、インパクト大です。
何冊か読んだ中で、上位のいい本だと思います。

夢にも思わない、思ったこともない
「脳移植手術」というものから、展開していく内容です。

なので、想定外のところから、さらに展開されていくってことは
未知の展開の連続です。



「変身」
脳移植手術を受けた男の異色ミステリー巨篇恋人を愛し・・・

本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 05:42 | 兵庫 ☁ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月23日

初めて読んだ本は「予知夢」という本

東野 圭吾の本初めて
初めて読んでみました。

初めて読んだ本は「予知夢」という本です。

パラパラって、少しも立ち読みせず
一切の全く知らない状態で、「予知夢」に挑戦です。



予知夢 (文春文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)

読み始めて、「湯川」、「ガリレオ」とかのワードが出てきました。

まさか、この本、そっち系?
あのテレビや、映画で福山雅治さんが演じてた
「湯川」さんの物語??

なぜか、少しがっかりしたように感じたかもしれませんが
すぐ、その残念は全く必要なかったと思えるないようでした。

この本は、5つの物語が入ってて、短編集ってものになるのでしょうか?

短めで、読みやすいけど、内容しっかりしてて
本当におもしろかったです。

この本、東野 圭吾さんの「予知夢」買ってよかったです。


予知夢 (文春文庫) [文庫]
東野 圭吾 (著)

本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by 本book at 20:56 | 兵庫 ☀ | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本のおすすめ
2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下
きみはいい子 (一般書) 』中脇初枝(ポプラ社)
屍者の帝国 』伊藤計劃・円城塔(河出書房新社)
『晴天の迷いクジラ』窪美澄(新潮社)
世界から猫が消えたなら 』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹(角川書店)
ふくわらい 』西加奈子(朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁(角川書店)
楽園のカンヴァス 』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫(文藝春秋)
2012年本屋大賞
1位:『舟を編む 』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド 』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ 』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を 』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)